詳細検索はこちら

岡本 希オカモト ノゾミ

所属部署学校心理・学校健康教育・発達支援コース, 生活・健康・情報系教育コース
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/09/25

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:70364057

学位

  • 奈良県立医科大学博士(医学)

所属学協会

  • 日本公衆衛生学会
  • 日本疫学会
  • 日本衛生学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本口腔衛生学会
  • 日本口腔外科学会

委員歴

  •   2012年01月 - 2015年01月, 日本疫学会, 評議員

経歴

  •   2017年 - 現在, 兵庫教育大学, 大学院学校教育研究科, 准教授
  •   2015年, 奈良県立医科大学医学部, 地域健康医学教室, 准教授
  •   2011年, 奈良県立医科大学医学部, 地域健康医学教室, 講師
  •   2003年, 奈良県立医科大学医学部, 地域健康医学教室, 助教

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 公衆衛生学・健康科学
  • 歯学, 社会系歯学

研究キーワード

    疫学, 医療統計, 医療情報, 認知機能, 遺伝子多型, 口腔保健, 高齢者保健

論文

  • Bodily pain, social support, depression symptoms and stroke history are independently associated with sleep disturbance among the elderly: a cross-sectional analysis of the Fujiwara-kyo study., Kishimoto Y, Okamoto N, Saeki K, Tomioka K, Obayashi K, Komatsu M, Kurumatani N, Environmental health and preventive medicine, 21, (5) 295 - 303,   2016年09月
  • Association of Visual Acuity and Cognitive Impairment in Older Individuals: Fujiwara-kyo Eye Study., Mine M, Miyata K, Morikawa M, Nishi T, Okamoto N, Kawasaki R, Yamashita H, Kurumatani N, Ogata N, BioResearch open access, 5, (1) 228 - 234,   2016年
  • Effects of tooth loss and the apolipoprotein E ε4 allele on mild memory impairment in the Fujiwara-kyo study of Japan: a nested case-control study, Nozomi Okamoto, Masayuki Morikawa, Nobuko Amano, Motokazu Yanagi, Shin Takasawa, Norio Kurumatani., J Alzheimers Dis (accepted) 2016.,   2016年
  • 自立高齢者における歯の喪失と嚥下障害・血清アルブミン・全死亡との関連:藤原京スタディ, 岡本希、森川将行、小松雅代、車谷典男,   2016年
  • Association of Tooth Loss With Development of Swallowing Problems in Community-Dwelling Independent Elderly Population: The Fujiwara-kyo Study., Okamoto N, Morikawa M, Yanagi M, Amano N, Tomioka K, Hazaki K, Harano A, Kurumatani N, The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences, 70, (12) 1548 - 1554,   2015年12月
  • Self-Reported Hearing Loss Predicts 5-Year Decline in Higher-Level Functional Capacity in High-Functioning Elderly Adults: The Fujiwara-Kyo Study., Tomioka K, Okamoto N, Morikawa M, Kurumatani N, Journal of the American Geriatrics Society, 63, (11) 2260 - 2268,   2015年11月
  • Differences in physical function by body mass index in elderly Japanese individuals: The Fujiwara-kyo Study., Minematsu A, Hazaki K, Harano A, Okamoto N, Kurumatani N, Obesity research & clinical practice,   2015年06月
  • Feasibility, reliability, and validity of the Japanese version of the Postoperative Quality of Recovery Scale: a first pilot study., Naito Y, Tanaka Y, Sasaoka N, Iwata T, Fujimoto Y, Okamoto N, Inoue S, Kawaguchi M, Journal of anesthesia, 29, (3) 463 - 466,   2015年06月
  • Walking speed is associated with self-perceived hearing handicap in high-functioning older adults: The Fujiwara-kyo study., Tomioka K, Harano A, Hazaki K, Morikawa M, Iwamoto J, Saeki K, Okamoto N, Kurumatani N, Geriatrics & gerontology international, 15, (6) 745 - 754,   2015年06月
  • Increased risk of lung cancer associated with occupational exposure to benzidine and/or beta-naphthylamine., Tomioka K, Obayashi K, Saeki K, Okamoto N, Kurumatani N, International archives of occupational and environmental health, 88, (4) 455 - 465,   2015年05月
  • 地域在住高齢者における認知機能障害と歯周病との関連, 岡本希, 生存科学, 25, (2) 161 - 165,   2015年03月31日
  • Reliability and validity of the Japanese version of the KIDSCREEN-52 health-related quality of life questionnaire for children/adolescents and parents/proxies., Nezu S, Iwasaka H, Saeki K, Ishizuka R, Goma H, Okamoto N, Makino H, Tanimura M, Yoshizaki K, Obayashi K, Kurumatani N, Environmental health and preventive medicine, 20, (1) 44 - 52,   2015年01月
  • Association of Psychosocial Conditions, Oral Health, and Dietary Variety with Intellectual Activity in Older Community-Dwelling Japanese Adults., Tomioka K, Okamoto N, Kurumatani N, Hosoi H, PloS one, 10, (9) ,   2015年
  • Association between tooth loss and the development of mild memory impairment in the elderly: the Fujiwara-kyo Study., Okamoto N, Morikawa M, Tomioka K, Yanagi M, Amano N, Kurumatani N, Journal of Alzheimer's disease : JAD, 44, (3) 777 - 786,   2015年
  • Stronger association of indoor temperature than outdoor temperature with blood pressure in colder months., Saeki K, Obayashi K, Iwamoto J, Tone N, Okamoto N, Tomioka K, Kurumatani N, Journal of hypertension, 32, (8) 1582 - 1589,   2014年08月
  • Effect of exposure to evening light on sleep initiation in the elderly: a longitudinal analysis for repeated measurements in home settings., Obayashi K, Saeki K, Iwamoto J, Okamoto N, Tomioka K, Nezu S, Ikada Y, Kurumatani N, Chronobiology international, 31, (4) 461 - 467,   2014年05月
  • Health-related quality of life (HRQOL) decreases independently of chronic conditions and geriatric syndromes in older adults with diabetes: the Fujiwara-kyo Study., Nezu S, Okamoto N, Morikawa M, Saeki K, Obayashi K, Tomioka K, Komatsu M, Iwamoto J, Kurumatani N, Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association, 24, (4) 259 - 266,   2014年
  • Association between depressive symptoms and metabolic syndrome in Japanese community-dwelling older people: a cross-sectional analysis from the baseline results of the Fujiwara-kyo prospective cohort study., Morikawa M, Okamoto N, Kiuchi K, Tomioka K, Iwamoto J, Harano A, Saeki K, Fukusumi M, Hashimoto K, Amano N, Hazaki K, Yanagi M, Iki M, Yamada F, Kishimoto T, Kurumatani N, International journal of geriatric psychiatry, 28, (12) 1251 - 1259,   2013年12月
  • Renal function and bone mineral density in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study., Fujita Y, Iki M, Tamaki J, Kouda K, Yura A, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K, Okamoto N, Kurumatani N, Bone, 56, (1) 61 - 66,   2013年09月
  • Nocturnal urinary melatonin excretion is associated with non-dipper pattern in elderly hypertensives., Obayashi K, Saeki K, Iwamoto J, Okamoto N, Tomioka K, Nezu S, Ikada Y, Kurumatani N, Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 36, (8) 736 - 740,   2013年08月
  • Influence of room heating on ambulatory blood pressure in winter: a randomised controlled study., Saeki K, Obayashi K, Iwamoto J, Tanaka Y, Tanaka N, Takata S, Kubo H, Okamoto N, Tomioka K, Nezu S, Kurumatani N, Journal of epidemiology and community health, 67, (6) 484 - 490,   2013年06月
  • The Hearing Handicap Inventory for Elderly-Screening (HHIE-S) versus a single question: reliability, validity, and relations with quality of life measures in the elderly community, Japan., Tomioka K, Ikeda H, Hanaie K, Morikawa M, Iwamoto J, Okamoto N, Saeki K, Kurumatani N, Quality of life research : an international journal of quality of life aspects of treatment, care and rehabilitation, 22, (5) 1151 - 1159,   2013年06月
  • Evaluation of factors influencing the natural history of nocturia in elderly subjects: results of the Fujiwara-kyo Study., Hirayama A, Torimoto K, Mastusita C, Okamoto N, Morikawa M, Tanaka N, Yoshida K, Fujimoto K, Hirao Y, Kurumatani N, The Journal of urology, 189, (3) 980 - 986,   2013年03月
  • 運動継続の支援方法としての携帯電話の利用可能性, 岡本 希、中谷敏昭、松﨑三十鈴、菊川早苗、岡野雅洋子、永原理英、車谷典男, 公衆衛生, 77, (1) 79 - 83,   2013年01月
  • Exposure to light at night, nocturnal urinary melatonin excretion, and obesity/dyslipidemia in the elderly: a cross-sectional analysis of the HEIJO-KYO study., Obayashi K, Saeki K, Iwamoto J, Okamoto N, Tomioka K, Nezu S, Ikada Y, Kurumatani N, The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 98, (1) 337 - 344,   2013年01月
  • Development of the Japanese 15D instrument of health-related quality of life: verification of reliability and validity among elderly people., Okamoto N, Hisashige A, Tanaka Y, Kurumatani N, PloS one, 8, (4) ,   2013年
  • [Factors associated with activities of daily living (ADL) in independently living elderly persons in a community: a baseline examination of a large scale cohort study, Fujiwara-kyo study]., Komatsu M, Nezu S, Tomioka K, Hazaki K, Harano A, Morikawa M, Takagi M, Yamada M, Matsumoto Y, Iwamoto J, Ishizuka R, Saeki K, Okamoto N, Kurumatani N, Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, 68, (1) 22 - 32,   2013年
  • Positive effect of daylight exposure on nocturnal urinary melatonin excretion in the elderly: a cross-sectional analysis of the HEIJO-KYO study., Obayashi K, Saeki K, Iwamoto J, Okamoto N, Tomioka K, Nezu S, Ikada Y, Kurumatani N, The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 97, (11) 4166 - 4173,   2012年11月
  • A screening model for low bone mass in elderly Japanese men using quantitative ultrasound measurements: Fujiwara-Kyo Study., Minematsu A, Hazaki K, Harano A, Iki M, Fujita Y, Okamoto N, Kurumatani N, Journal of clinical densitometry : the official journal of the International Society for Clinical Densitometry, 15, (3) 343 - 350,   2012年07月
  • Risk factors for new-onset overactive bladder in older subjects: results of the Fujiwara-kyo study., Hirayama A, Torimoto K, Mastusita C, Okamoto N, Morikawa M, Tanaka N, Fujimoto K, Yoshida K, Hirao Y, Kurumatani N, Urology, 80, (1) 71 - 76,   2012年07月
  • Relationship between swallowing problems and tooth loss in community-dwelling independent elderly adults: the Fujiwara-kyo study., Okamoto N, Tomioka K, Saeki K, Iwamoto J, Morikawa M, Harano A, Kurumatani N, Journal of the American Geriatrics Society, 60, (5) 849 - 853,   2012年05月
  • [Epidemiological study of factors associated with quitting a job among pregnant working women]., Ohara K, Saeki K, Konoike Y, Okamoto N, Tomioka K, Nishioka H, Kurumatani N, Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health, 54, (2) 61 - 70,   2012年
  • Alcohol intake and bone status in elderly Japanese men: baseline data from the Fujiwara-kyo osteoporosis risk in men (FORMEN) study., Kouda K, Iki M, Fujita Y, Tamaki J, Yura A, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Morikawa M, Tomioka K, Okamoto N, Kurumatani N, Bone, 49, (2) 275 - 280,   2011年08月
  • [Effects of instructions on Baumtest drawings by elderly people]., Fukusumi M, Morikawa M, Okamoto N, Kurumatani N, Kishimoto T, Sato S, Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology, 82, (2) 183 - 188,   2011年06月
  • Reliability and validity of the International Physical Activity Questionnaire (IPAQ) in elderly adults: the Fujiwara-kyo Study., Tomioka K, Iwamoto J, Saeki K, Okamoto N, Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association, 21, (6) 459 - 465,   2011年
  • Work-related aggression and violence committed by patients and its psychological influence on doctors., Saeki K, Okamoto N, Tomioka K, Obayashi K, Nishioka H, Ohara K, Kurumatani N, Journal of occupational health, 53, (5) 356 - 364,   2011年
  • Relationship of tooth loss to mild memory impairment and cognitive impairment: findings from the Fujiwara-kyo study., Okamoto N, Morikawa M, Okamoto K, Habu N, Iwamoto J, Tomioka K, Saeki K, Yanagi M, Amano N, Kurumatani N, Behavioral and brain functions : BBF, 6,   2010年12月
  • Tooth loss is associated with mild memory impairment in the elderly: the Fujiwara-kyo study., Okamoto N, Morikawa M, Okamoto K, Habu N, Hazaki K, Harano A, Iwamoto J, Tomioka K, Saeki K, Kurumatani N, Brain research, 1349, 68 - 75,   2010年08月
  • Establishment of sandwich ELISA for soluble alpha-Klotho measurement: Age-dependent change of soluble alpha-Klotho levels in healthy subjects., Yamazaki Y, Imura A, Urakawa I, Shimada T, Murakami J, Aono Y, Hasegawa H, Yamashita T, Nakatani K, Saito Y, Okamoto N, Kurumatani N, Namba N, Kitaoka T, Ozono K, Sakai T, Hataya H, Ichikawa S, Imel EA, Econs MJ, Nabeshima Y, Biochemical and biophysical research communications, 398, (3) 513 - 518,   2010年07月
  • Increasing the number of steps walked each day improves physical fitness in Japanese community-dwelling adults, Okamoto N, Nakatani T, Okamoto Y, Iwamoto J, Saeki K, Kurumatani N, Int J Sports Med, 31, 277 - 282,   2010年
  • Design and baseline characteristics of a prospective cohort study for determinants of osteoporotic fracture in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo osteoporosis risk in men (FORMEN) study., Iki M, Fujita Y, Tamaki J, Kouda K, Yura A, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Okamoto N, Kurumatani N, Study Group for Functioning Capacity and Quality of Life in Elderly Japanese (Fujiwara-kyo Study Group), BMC musculoskeletal disorders, 10,   2009年12月
  • Home-based walking improves cardiopulmonary function and health-related QOL in community-dwelling adults, Okamoto N, Nakatani T, Morita N, Saeki K, Kurumatani N. , Int J Sports Med , 28, 1040 - 1045,   2007年
  • インターネット活用型運動プログラムとは?, 岡本希、車谷典男、中谷敏昭, 肥満と糖尿病 , 6, 500 - 502,   2007年
  • Differences in higher-level functional capacity between participants and non-participants in health checkups among the elderly, Okamoto N, Morita N, Saeki K, Kurumatani N, et al, Arch Gerontol Geriatr, 42, (2) 175 - 189,   2006年03月
  • 生活習慣と労働との関係, 尾方希、森田徳子、車谷典男, 公衆衛生, (66) 18 - 21,   2002年

書籍等出版物

  • 看護学生のための疫学・保健統計, 車谷典男、松本泉美(編), 建帛社,   2016年04月
  • 介護する人たちの健康を守るQ&A.車谷典男(編) 分担執筆, ミネルヴァ書房,   2005年

講演・口頭発表等

  • 地域在樹高齢者における認知機能障害と歯周病との関連, 岡本 希, 武見記念生命科学研究基金 武見奨励賞受賞講演 ,   2014年
  • 高齢者のQOLと生活機能の規定要因に関する疫学研究, 岡本 希, 第69回日本公衆衛生学会奨励賞受賞講演,   2010年
  • 社会を支える高齢者の能力と役割: 地域在宅高齢者の社会的自立の現状, 岡本 希, 第68回日本公衆衛生学会サテライトシンポジウム,   2009年
  • 口腔衛生・生活習慣とBMI, 岡本 希, 第34回産業歯科医研修会(アドバンストコース),   2006年

受賞

  •   2016年09月, 日本歯科医学会, 第32回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」優秀発表賞
  •   2016年06月, 一般財団法人博慈会 老人病研究所, 優秀論文「ダ・ビンチ賞」
  •   2014年12月, 公益信託武見記念生存科学研究基金, 武見奨励賞
  •   2012年03月, 日本衛生学会, 第82回日本衛生学会総会最優秀演題賞
  •   2012年03月, 奈良県立医科大学, 奈良県立医科大学女性研究者学術研究奨励賞
  •   2012年, 産業衛生学雑誌優秀論文賞(共同)
  •   2010年10月, 日本公衆衛生学会, 平成22年度日本公衆衛生学会奨励賞
  •   2005年, 厚生統計協会川井記念賞(共同)

競争的資金

  • 認知機能障害発生に対する歯周病原細菌の影響に関する研究, 武田科学振興財団,   2016年10月 - 2019年03月, 岡本 希
  • 骨-疾患連関を基盤に骨折予防を健康寿命延伸に繋げる大規模コホートの長期追跡, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)),   2015年 - 2019年, 伊木 雅之
  • 地域在住高齢者における歯周病と認知機能障害発生のリスクとの関連, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)),   2015年 - 2017年, 岡本 希
  • 在宅療養高齢者および自立高齢者における肺炎予防と介護負担軽減を目的とした前向きコホート研究, 大和証券ヘルス財団, 平成27年度(第42回)調査研究助成,   2015年 - 2016年, 岡本 希
  • 自立高齢者における嚥下障害・肺炎の新規発症と咬合力との関連についての疫学研究, 大阪ガスグループ福祉財団, 平成26年度大阪ガスグループ福祉財団「調査・研究助成」,   2014年 - 2015年, 岡本 希
  • 慢性感染と認知機能障害の発生リスクとの関連, 奈良県立医科大学, 平成27年度公立大学法人奈良県立医科大学特別共同研究助成事業,   2015年, 岡本 希
  • 地域在住高齢者における歯牙喪失と認知機能との関連についての症例対照研究, 奈良県立医科大学, 平成26年度公立大学法人奈良県立医科大学若手研究者研究助成事業,   2014年 - 2014年, 岡本 希
  • 主観的認知障害発症へのメタボリック症候群の影響に関する研究‐高齢者コホート研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)),   2012年 - 2014年, 森川 将行, 【目的】本研究は、地域在住高齢者のコホート研究(ベースライン4427名参加)において新規に発症する主観的認知障害(subjective cognitive impairment; SCI)、軽度認知障害(mild cognitive impairment; MCI)、あるいは認知症領域への転換に、認知症の危険因子として指摘されている心血管疾患やII型糖尿病の原因として知られるメタボリック症候群が与える影響について、抑うつ状態、生活習慣、社会的サポート、そして心理的苦痛などの要因を加えて検討する。【研究概要】平成24年に実施した追跡健診未受診者866名を対象に、調査内容を減らして、簡易版追跡健診を行い、平成25年9月の15日間で218名の参加が得られた。加えて、簡易版追跡健診未受診者648名を対象に、医療スタッフによる訪問調査を実施し、状況を確認した。平成25年10月-平成26年1月の調査の結果、233名が拒否、11名が死亡、16名が転居、長期不在が56名であることが判明し、294名については、病歴、健康関連項目、そして、新規発症疾患について調査した。これらの追跡健診において、遺伝子調査の同意が得られた対象者の中から、アルツハイマー病の危険因子の1つであるアポリポ蛋白E4についてSNP解析を実施した。また、平成24年に行った追跡健診のデータを用いた解析を行った。【発表内容】平成19年度に実施したベースライン時の正常認知機能の対象者をその平均値で2群に分け、5年後に認知症領域に低下する要因が異なるかを探索的に検討した。5年後に新規に認知症領域となった対象者は、平均下群67名(972名中)、平均上群43名(1444名中)で、両群とも高齢になるに従って危険度が増し10年以上の教育歴が保護的に働いていた。認知症領域への低下を防いだ異なる要因として平均下群では配偶者からの、平均上群には家族からのサポートが示された。
  • 地域在住高齢者のQOLと生活機能の低下要因に関する大規模コホート研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)),   2012年 - 2014年, 車谷 典男, 本研究は、奈良県に在住する65歳以上(ベースライン当時平均72歳)の独歩可能な男女をエントリー条件として、2007年(一部2008年)にベースライン健診を終了させた4427人(当時平均72歳)のコホートの追跡である。高齢者のQOLと生活機能に影響を与える要因を学際的に検討し、超高齢社会の公衆衛生施策に資する新知見を提供することを目的したものである。2012年の追跡健診の未受診者866名を対象に、2013年簡易版追跡健診を実施した。アンケート調査による健康関連QOLと生活機能の把握、医療スタッフによる病歴の問診、脳卒中などのベースライン以降の新規発症の把握、認知機能検査、歯科・嚥下機能検査、身体計測、血液検査を実施した。簡易版追跡健診の未受診者648名を対象に、医療スタッフによる訪問調査を実施し、病歴、健康関連QOLと生活機能、脳卒中などのベースライン以降の新規発症について調査した。その結果、(1)866名のうち、2013年簡易版追跡健診を受診したのは218名であった。(2)訪問調査の対象となった648名のうち、233名が拒否、11名が死亡、16名が転居、長期不在が56名で、294名の訪問調査を完了した。38名が追跡不能であった。(3)歯牙喪失と嚥下障害の関連では、ベースライン時の残存歯27-32本に対して、13-22本と0-12本のオッズ比は2.42 (95%CI,1.61-3.63)と2.49 (1.68-3.69)であり、歯牙喪失が嚥下障害の危険因子であることが示唆された。(4)訪問調査や電話調査により、41名の認知症を把握した。
  • 認知機能の非遺伝的危険因子の検討と健康関連QOLへの影響に関する疫学的研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)),   2010年 - 2013年, 岡本 希, 【目的】5年間における軽度認知機能障害および認知症領域の新規発生とベースライン時の現在歯数との関連を検討するために、ベースライン時に認知機能が正常であった地域在住高齢者3696名(当時平均72歳)を対象に、5年後の健診を実施した。【認知機能判定】正常:Mini-Mental State Examination(MMSE)24点以上かつ遅延再生2点以上/ 軽度認知機能障害:MMSEが24点以上かつ遅延再生1点以下かつGeriatric Depression Scale(GDS)5点以下/ 認知症領域:MMSE23点以下【結果】5年間の死亡は148名、転居36名、施設入所8名、入院または病気療養中のため追跡健診に参加しなかった者は182名であった。追跡健診参加者は2508名で、参加率は75.5%であった。健診で正常と判定された2094名、軽度認知機能障害241名、認知症領域133名を分析対象者とした。従属変数を軽度認知機能障害または認知症領域とし、独立変数を現在歯数(4分位:26本以上/21-25本/11-20本/0-10本)、年齢、性別、学歴、がん・脳血管疾患・心筋梗塞・高血圧・糖尿病・脂質異常症の既往の有無、外出頻度、10m歩行テストとしたロジスティック回帰分析(強制投入法)を行った。現在歯数26本以上を基準にした場合の軽度認知機能障害に対するオッズ比は21-25本が1.55(95%CI 1.05-2.29)、11-20本が1.57(1.04-2.38)、0-10本が1.72(1.15-2.58)で有意な関連がみられた(P for trend<0.012)。現在歯数と認知症領域との間に有意な関連はみられなかった。【考察】健診不参加者の中に認知症領域の者が含まれている可能性が高いため、不参加者を対象とした追跡調査を実施した上で、関連性について再検討する必要がある。
  • 地域在住高齢者における嚥下障害と歯牙喪失との関連についての疫学的研究, 太陽生命厚生財団, 平成23年度太陽生命厚生財団「社会福祉助成事業」,   2011年 - 2012年, 岡本 希
  • 高齢者の咀嚼・嚥下機能と認知機能の関連性についての疫学研究, 三井住友海上福祉財団, 平成19年度三井住友海上福祉財団研究助成事業,   2007年 - 2008年, 岡本 希

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 疫学, 奈良県立医科大学医学部看護学科
  • 衛生学・公衆衛生学Ⅰ, 奈良県立医科大学医学部医学科


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.