詳細検索はこちら

森 秀樹モリ ヒデキ

所属部署社会系教育コース
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/10/27

研究者基本情報

連絡先電話番号

    0795-44-2167

学位

  • 文学修士

所属学協会

  • 比較思想学会
  • ハイデガー・フォーラム
  • 関西倫理学会
  • 関西哲学会
  • 日本哲学会
  • 日本倫理学会
  • 日本現象学会

研究活動情報

研究分野

  • 哲学, 哲学・倫理学

研究キーワード

    哲学

論文

  • < 創発> 概念の起源 (2): J・S・ミルの学問論と異結果惹起的法則, 森 秀樹, 兵庫教育大学研究紀要, 53, 39 - 49,   2018年09月
  • < 創発> 概念の起源 (1):< 創発> をめぐる議論と科学論の生成, 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 50, 63 - 78,   2018年
  • 宗教性の所在の変容―宗教現象学から事実性の解釈学へ―, 森秀樹; , 始まりのハイデガー, 103 - 120,   2015年
  • アリストテレスの現象学的解釈:そこに胚胎していたもの, 森秀樹;, ハイデガー読本, 27 - 36,   2014年
  • 信頼の三相とその相互作用, 森秀樹;, 信頼感の国際比較研究, 52 - 70,   2014年
  • 「労働の現象学」試論, 森秀樹; , 実存思想論集, 28, 85 - 104,   2013年
  • ハイデガーは「どのような仕方」で時間を問題にしているか, 森秀樹;, ハイデガー『存在と時間』を学ぶ人のために, 61 - 83,   2012年
  • 「子どものための哲学」 による 「市民性教育」 の内容と方法: グローバル化時代の市民性教育としての 「子どものための哲学」(5), 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 40, 63 - 78,   2012年
  • 「市民性教育」 としての 「子どものための哲学」 のカリキュラム: グローバル化時代の市民性教育としての 「子どものための哲学」(6), 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 41, 45 - 58,   2012年
  • 「市民性教育」 の模索とその諸課題: グローバル化時代の市民性教育としての 「子どものための哲学」(4), 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 39, 109 - 120,   2011年
  • 哲学的活動による基本的信頼の育成−グローバル化時代の市民性教育としての「子どものための哲学」(2)−, 森秀樹; , 社会系諸科学の探究, 74 - 88,   2010年
  • 哲学的 「移行」 と 「新しい公共性」: グローバル化時代の市民性教育としての 「子どものための哲学」(3), 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 37, 89 - 102,   2010年
  • 再帰的近代のアポリアと市民教育の課題-グローバル化時代の市民性教育としての 「子どものための哲学」(1)-, 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 35, 89 - 102,   2009年
  • 初期ハイデガーのピュシス論の射程, 森秀樹; , Heidegger Forum, 2, 76 - 89,   2008年
  • 開示性の自然学的記述の意味 (特集 ハイデガーという広場), 森秀樹; , 理想, 680, 27 - 37,   2008年
  • 「現代文明論」 と< 文明の存在論>(特集/現代文明), 森秀樹; , アルケー, 15, 177 - 190,   2007年
  • 声と言葉, 森秀樹; , 哲学論叢, 34, 1 - 12,   2007年
  • 相互作用における現代文明の社会的構築, 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 30, 101 - 114,   2007年
  • 神秘主義的体験の解釈学: どのようにしてハイデガーはキリスト教哲学から離反したのか?(1), 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 28, 91 - 104,   2006年
  • ルター解釈と現象学の変容--どのようにしてハイデガーはキリスト教哲学から離反したのか?(2), 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 29, 85 - 100,   2006年
  • 若きハイデガーにおける思索の生成と現象学の問題(3), 森秀樹; , 兵庫教育大学紀要編集委員会編『兵庫教育大学研究紀要』第26巻pp.93-104 平成17年2月 , 26, 93 - 104,   2005年
  • 逆説としての多文化主義, 森秀樹; , 兵庫教育大学紀要編集委員会編『兵庫教育大学研究紀要』第27巻pp.111-125 平成17年10月 , 27, 111 - 125,   2005年
  • 若きハイデガーにおける思索の生成と現象学の問題(2), 森秀樹; , 兵庫教育大学紀要編集委員会編『兵庫教育大学研究紀要』第25巻pp.81-96 平成16年9月 , 25, 81 - 96,   2004年
  • 根源への欲望とその運命--若きハイデガーによる価値哲学との対決とその行方 (日本現象学会第 25 回研究大会の報告)--(シンポジウム ハイデガー研究の現在), 森秀樹; , 現象学年報, 20, 41 - 51,   2004年
  • 若きハイデガーにおける思索の生成と現象学の問題(1) , 森秀樹; , 兵庫教育大学紀要編集委員会編『兵庫教育大学研究紀要』第24巻第2分冊pp.55-70平成16年2月, 24, 55 - 70,   2004年
  • ドイツにおける学生ボランティアをとりまく状況 , 佐々木正道編『大学生とボランティアに関する実証的研究』(ミネルヴァ書房), 407 - 426,   2003年
  • カウンター・カルチャーとしてのボランティア , 佐々木正道編『大学生とボランティアに関する実証的研究』(ミネルヴァ書房), 19 - 93,   2003年
  • デリダの哲学における発生の問題, 森秀樹; , 兵庫教育大学紀要編集委員会編『兵庫教育大学研究紀要』第22巻第2分冊、pp.平成14年4月, 21, 85 - 100,   2002年
  • < 絡み合い> における価値:< ポスト・モダン文化> の哲学者としてのリッカート, 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 21, 91 - 103,   2001年
  • 新カント派の挫折の意義−リッカートとラスクの対決が生み出したもの, 森秀樹; , 関西哲学会『アルケー』No.9 pp.106-120 平成13年7月, 9, 106 - 120,   2001年
  • ニヒリズムから価値哲学へ:< ポスト・モダン文化> の哲学者としてのリッカート (1), 森秀樹; , 兵庫教育大学研究紀要, 20, 131 - 145,   2000年
  • Von der Inter-kulturalität zur Interkulturalität, Hideki, MORI;, Interkulturelle Philosophie. Ph_losophische Beitr_ge zum interkulturellen Gespr_ch,   1998年
  • カントにおける政治哲学, 人間存在論, (3) 235 - 246,   1997年
  • ハイデガーにおけるアリストテレスの「超越論的」解釈とその限界, 現象学年報, (12) 163 - 174,   1997年
  • カントにおける政治の「本質」, 森秀樹; , 人間存在論, 3, 235 - 246,   1997年
  • 初期ハイデガ-における 「アリストテレス解釈」 の展望, 森秀樹; , 現象学年報, 12, 163 - 174,   1996年
  • 不気味なるものの美学-ソフォクレスの悲劇作品から出発して-, 森秀樹; , 比較文化研究, 19, (19) 24 - 36,   1996年
  • 倫理的同の構造-『全体性と無限』において-, 森秀樹; , 哲学論叢, 22, (22) 24 - 35,   1995年
  • 文化と嵩高, 人間基礎論, (1) 163 - 176,   1995年
  • 存在と倫理-レヴィナスの存在論批判の検討-, 森秀樹; , 比較思想研究, 21, (21) 192 - 195,   1995年
  • 文化と崇高, 森秀樹; , 人間存在論, 1, 163 - 175,   1995年
  • 共存の存在論, 森秀樹; , 哲学, 43, (43) 189 - 200,   1993年
  • Der "Topos" der Koexistenz mit den Fremden., Hideki, MORI; , ドイツ文化・社会史研究, 2, 1 - 11,   1992年
  • ハイデガーによる意志批判をめぐって, 森秀樹; , 関西哲学会紀要, 25, 78 - 83,   1991年
  • 近代批判の条件-「神話」を超える秩序形成の可能性をめぐって-, 森秀樹; , 哲学論叢, 17, (17) 77 - 89,   1990年
  • ハイデガーの「転向」-ヘルダーリン解釈をめぐって-, 森秀樹; , 倫理学年報, 39, 117 - 133,   1990年
  • 形而上学としての現代, 京都大学大学院文学研究科修士論文,   1988年

MISC

  • 「オオカミ少年」を信じることは間違いか, 森秀樹; , 高校倫理の古典でまなぶ 哲学トレーニング 1――人間を理解する, 1,   2016年
  • 「市民性教育」 としての 「子どものための哲学」, 森秀樹; モリヒデキ; ,   2011年
  • 書評 西谷敬 『関係性による社会倫理学』, 森秀樹; , 倫理学研究, 37,   2007年
  • 書評 斎藤慶典著 『思考の臨界--超越論的現象学の徹底』 勁草書房, 森秀樹; , 現象学年報, 16,   2000年
  • 近代 (モダン) の限界の経験としてのリスク社会--ポストモダンの文化のために, コスロフスキーペーター; 森秀樹; , 比較法史研究, 6,   1997年
  • 哲学における天空と大地, 表現におけるイメージ・シンボル研究,   1997年
  • < 研究例会発表要旨> 存在と倫理: レヴィナスの存在論批判の検討, 森秀樹; , 比較思想研究, 21,   1994年

競争的資金

  • 情報化社会における「信頼感」の実証的研究, 科学研究費補助金,   2017年 - 2019年, 佐々木 正道 兵庫教育大学, 学校教育研究科, 名誉教授 (30142326)
  • 「信頼感」の実証的国際比較研究, 科学研究費補助金,   2014年 - 2017年, 佐々木 正道 兵庫教育大学, 学校教育研究科, 名誉教授 (30142326)
  • 死の現象学的考察─死すべき者と言葉との関わりを手がかりに─, 科学研究費補助金,   2012年 - 2014年, 寿 卓三 愛媛大学, 教育学部, 教授 (30186712)
  • 非連続型テキストの読解を通して論理的思考を育てる総合的な学習のための教材開発, 科学研究費補助金,   2012年 - 2014年, 松本 伸示 兵庫教育大学, 学校教育研究科(研究院), 教授 (70165893)
  • 社会構造と「価値観」に関する実証的国際比較研究ー「信頼感」との関連性を中心に, 科学研究費補助金,   2010年 - 2014年, 佐々木 正道 中央大学, 文学部, 教授 (30142326)
  • 初等・中等教育における哲学教育推進のための理論的・実践的研究, 科学研究費補助金,   2011年 - 2013年, 寺田 俊郎 上智大学, 文学部, 教授 (00339574)
  • 「子どものための哲学」の論理学的推論過程を取り入れた教科授業の設計と評価, 科学研究費補助金,   2009年 - 2011年, 松本 伸示 兵庫教育大学, 学校教育研究科, 教授 (70165893)
  • 「市民性教育」としての「子どものための哲学」, 科学研究費補助金,   2008年 - 2010年, 森 秀樹 兵庫教育大学, 学校教育研究科, 准教授 (00274027)
  • ハイデガー存在思惟における「聖なるもの」の位相-「倫理」の基底への問い-, 科学研究費補助金,   2007年 - 2010年, 寿 卓三 愛媛大学, 教育学部, 教授 (30186712)
  • グローバル化時代における「信頼感」に関する実証的国際比較研究, 科学研究費補助金,   2007年 - 2009年, 佐々木 正道 中央大学, 文学部, 教授 (30142326)
  • 初等教育段階における「哲学」カリキュラムの開発・実践と思考力育成からみた効果, 科学研究費補助金,   2005年 - 2007年, 松本 伸示 兵庫教育大学, 学校教育研究科, 教授 (70165893)
  • グローバル化とナショナル・アイデンティティに関する意識構造についての実証的研究, 科学研究費補助金,   2001年 - 2003年, 佐々木 正道 兵庫教育大学, 学校教育学部, 教授 (30142326)
  • 現象学における媒介概念の政治哲学的含意―現代の政治哲学への適用, 科学研究費補助金,   2000年 - 2001年, 森 秀樹 兵庫教育大学, 学校教育学部, 助教授 (00274027)
  • 大学におけるボランティア教育とその活動に関する国際比較研究, 科学研究費補助金,   1999年 - 2000年, 佐々木 正道 兵庫教育大学, 学校教育学部, 教授 (30142326)
  • 大学生のボランティア活動促進のためのカリキュラム開発に関する研究, 科学研究費補助金,   1998年 - 1999年, 佐々木 正道 兵庫教育大学, 学校教育学部, 教授 (30142326)