詳細検索はこちら

小和田 善之コワダ ヨシユキ

所属部署理数系教育コース
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90205542.ja.html
生年月日
Last Updated :2018/10/23

研究者基本情報

学歴

  • 1986年 - 1988年, 大阪府立大学大学院, 工学研究科, 応用科学専攻

学位

  • 博士(工学), 大阪府立大学

所属学協会

  • DV−Xα研究協会
  • 日本セラミックス協会
  • 日本化学会

経歴

  •   2013年 - 現在, 兵庫教育大学大学院, 学校教育学研究科, 教授
  •   2007年 - 2013年, 兵庫教育大学大学院, 学校教育学研究科, 准教授
  •   1997年 - 2007年, 兵庫教育大学, 学校教育学部, 助教授
  •   1993年 - 1997年, 兵庫教育大学, 学校教育学部, 講師
  •   1988年 - 1993年, 兵庫教育大学, 学校教育学部, 助手

研究活動情報

研究分野

  • 材料工学, 無機材料・物性

研究キーワード

    DVーXα法, ゾル-ゲル法, 電子状態, 電子状態計算, 分子軌道法, 薄膜, TiO_2, ガラス構造, 融液構造, テルライト系ガラス, 高温ラマンスペクトル, 光触媒, パターニング, 光吸収, 光化学反応, 光起電力, TiO_2薄膜, クラスタ-モデル, 遷移金属酸化物, 安定化剤, 電子線エネルギー損失分光, 正極材料, エレクトロクロミック素子, 第一原理計算, 金属基板, 撥水性, 密着性, 超イオン伝導体, 酸素欠陥, 結晶化速度

論文

  • Structure analyses using X-ray photoelectron spectroscopy and X-ray absorption near edge structure for amorphous MS3 (M: Ti, Mo) electrodes in all-solid-state lithium batteries, T. Matsuyama, M. Deguchi, K. Mitsuhara, T. Ohta, T. Mori, Y. Orikasa, Y. Uchimoto, Y. Kowada, A. Hayashi, M. Tatsumisago, J. Power Sources, 313, 104 - 111,   2016年
  • Electronic states of Nd3+ ions in phosphate glasses calculated by the discrete- variational multi-electron method, 小和田善之・小笠原一禎, J. Non-Cryst. Solids, 356, (44-49) 2454 - 2457,   2010年
  • Chemical Bonding of Li Ions in Li7P3S11 Crystal, 小和田善之・林晃敏・辰巳砂昌弘, J. Phys. Soc. Jpn, 79, 65 - 68,   2010年
  • Electronic State and Photosensitivity of Metal Alkoxides Chemically Modified with β-Diketones, 小和田善之・野間直樹, J. Sol-Gel Sci. and Tech., 52, (1) 166 - 169,   2009年
  • Chemical bonding and lithium ion conductions in Li3N, 小和田善之・辰巳砂昌弘・南 努, Solid State Ionics, 180, 462 - 466,   2009年
  • Total Cluster Energy Calculation of Lithium Ion Conductors by the DV-Xα Method, 小和田善之・西谷渉・小笠原一禎, Int. J. Quant. Chem., 109, (12) 2658 - 2663,   2009年
  • Fluorescence Spectra of Pr3+ Ions in Phosphate Materials Calculated by the   DVME Method, 小和田善之・野間祥子・小笠原一禎, Int. J. Quant. Chem., 109, (12) 2753 - 2757,   2009年
  • Chemical Bonding of Mobile Cations in Superionic Conductors, 小和田善之・辰巳砂昌弘・南 努・足立裕彦, Adv. Quantum Chem., 54, 255 - 270,   2008年
  • Electronic state of sulfide-based lithium ion conducting glasses, 小和田善之・辰巳砂昌弘・南 努・足立裕彦, J. Non-Cryst. Solids, 354, 360 - 364,   2008年

MISC

  • インクジェットプリンター用OHPシートを用いたpH試験フィルムの作製, 小和田 善之, 池田 真理子, 永谷 広久, 尾關 徹, 化学と教育, 53, (11) 637 - 638,   2005年11月20日
  • D-5 インクジェットプリンター用OHPシートを利用したpH測定フィルムの作製と授業実践, 細見 隆昭, 小和田 善之, 尾關 徹, 日本理科教育学会近畿支部大会(大阪大会)発表要旨集, 2004,   2004年11月23日
  • 第19回 パソコンの第一原理計算 DV-Xα法 (超) 入門, 小和田 善之, セラミックス, 36, (10) 795 - 801,   2001年10月01日
  • SiO_2-M_xO_y(M_xO_y=P_2O_5,TiO_2 and ZrO_2) 系ガラスの電子状態, 小和田 善之, 足立 裕彦, 南 努, 日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi, 101, (1180) 1330 - 1334,   1993年12月01日, The electronic states of the SiO2-MxOy(MxOy=P2O5, TiO2 and ZrO2) glasses, which have good passivation ability, were calculated by the DV-Xα cluster method. The energy level structure of glasses containing the transition metal oxides, TiO2 and ZrO2, is different from that of pure SiO2 and SiO2-P2O5 glasses. The bond order between oxygen and sodium ion diffusing to the glass matrix in the systems SiO2-P2O5, SiO2-TiO2 and SiO2-ZrO2 is larger than that in SiO2 glass. Such a result is probably the origin of the passivation ability of these glasses.
  • Li_2Oを多量に含むLi_2O-P_2O_5系融液の高温ラマンスペクトル, 小和田 善之, 足立 裕彦, 辰巳砂 昌弘, 南 努, 日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi, 98, (1133) 108 - 109,   1990年01月01日, Proportion of metaphosphate, pyrophosphate, and orthophosphate in Li_2O-P_2O_5 melts containing large amounts of Li_2O were estimated by high temperature Raman spectra. The change in proportion of each structural unit with composition in melts was similar to that in rapidly-quenched glasses, though the proportions of metaphosphate and orthophosphate groups were somewhat higher in melts than in glasses.

書籍等出版物

  • 自然科学のためのはかる百科, 渥美茂明ほか 編, 共著, 第2章 2.6 元素にわける, 丸善出版,   2016年
  • The DV-Xα Molecular-Orbital Calculation Method, Y. kowada, K. Ogasawara, 共著, Chapter 1 The DV-Xα Molecular orbital Calculation Method and Recent Development, Springer,   2015年
  • 全固体電池開発の最前線, 辰巳砂昌弘監修, 共著, 第8章 硫化物ガラス系固体電解質のイオン伝導性と計算化学, シーエムシー出版,   2011年
  • はじめての電子状態計算, 小和田善之,田中功,中松博英,水野正隆, 共著, 三共出版,   1998年

受賞

  •   2013年08月, DV−Xα研究協会, 学術賞
  •   2009年08月, DV−Xα研究協会, 功績賞
  •   1998年01月, 日本セラミックス協会, 第52回進歩賞
  •   1997年06月, 日本化学会, 第72春季年会講演奨励賞
  •   1995年08月, DV−Xα研究協会, 奨励賞