詳細検索はこちら

福田 光完フクダ ミツヒロ

所属部署学長
職名学長
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/10/23

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:教育や社会問題に対して、人工知能の発展がどのように関与できるかについて興味を持っている。

連絡先電話番号

    0795-44-2000

学歴

  •  - 1985年05月, 京都大学, 大学院工学研究科博士後期課程修了
  •  - 1982年03月, 京都大学, 大学院工学研究科修士課程修了
  •  - 1980年03月, 京都大学, 工学部高分子化学科卒業

学位

  • 工学博士

経歴

  •   1985年10月, 兵庫教育大学学校教育学部 助手
  •   1989年03月, 兵庫教育大学学校教育学部 助教授
  •   1997年10月, 兵庫教育大学学校教育学部 教授
  •   2005年04月, 兵庫教育大学大学院学校教育研究科 教授
  •   2010年04月, 兵庫教育大学 副学長
  •   2016年04月, 兵庫教育大学 学長

研究活動情報

研究分野

  • 計算科学, 計算科学, 計算機科学

論文

  • 「高分子の分子動力学シミュレーション -高分子凝集体と低分子の相互作用を中心として-」, (共著), 高分子, 53巻, (4月号) ,   2004年
  • 「Evaluation of Permeability of Gases in Rubbery Polymers by Molecular Dynamics Simulation」, (共著), Kautschuk Gummi Kunststoffe, 57巻, (9号) ,   2004年
  • 「Effect of Encaged Aromatic Guests on the Shape and Connectivity of Molecular Cavity in Crystalline Polystyrene ons」, (共著), J.Chem.Phys, 121巻,   2004年
  • 「Molecular-dynamics evaluation of fluid-phase equilibrium properties by a novel free-energy perturbation approach」, (共著), J.Chem.Phys., 124巻,   2006年
  • 「計算化学を利用した高分子膜へのガス透過・収着の評価」, 福田光完, 膜, 32巻, (2号) ,   2007年
  • 「分子シミュレーションによるゴム状高分子表面へのガス吸着の熱力学」, (共著), 高分子論文集, 65巻, (3月号) ,   2008年

書籍等出版物

  • 「高分子の化学」, (共著), 三共出版,   2008年

講演・口頭発表等

  • 「分子シミュレーションによるゴム状高分子表面へのガス吸着の熱力学」, (共著), 高分子論文集,   2008年, 高分子学会
  • 「高分子の化学」, (共著),   2008年, 三共出版
  • 「計算化学を利用した高分子膜へのガス透過・収着の評価」, 福田光完, 膜,   2007年, 日本膜学会
  • 「Molecular-dynamics evaluation of fluid-phase equilibrium properties by a novel free-energy perturbation approach」, (共著), J.Chem.Phys.,   2006年, アメリカ物理協会
  • 「高分子の分子動力学シミュレーション -高分子凝集体と低分子の相互作用を中心として-」, (共著), 高分子,   2004年, 高分子学会
  • 「Evaluation of Permeability of Gases in Rubbery Polymers by Molecular Dynamics Simulation」, (共著), Kautschuk Gummi Kunststoffe,   2004年, ドイツゴム協会
  • 「Effect of Encaged Aromatic Guests on the Shape and Connectivity of Molecular Cavity in Crystalline Polystyrene ons」, (共著), J.Chem.Phys,   2004年, アメリカ物理協会

受賞

  •   1990年05月, 繊維学会論文賞(祖父江記念賞)

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 社会貢献活動
  • 社会貢献活動, 学長プロフィールをご覧ください。