詳細検索はこちら

有山 篤利アリヤマ アツトシ

所属部署生活・健康・情報系教育コース
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20530629.ja.html
生年月日
Last Updated :2018/10/23

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール: 柔道や剣道などの武道は、単にスポーツと言うだけではなく、我が国の運動文化という側面をあわせもっています。武道に継承されている「柔の理」や「柔よく剛を制す」という考え方と、日本人の美意識や行動様式の関連を探求することで、運動文化としての武道を明らかにしたいと思っています。具体的には、①我が国の芸道と「柔の原理」との関連、②日本人の理想とする振る舞いや言動と「柔の原理」との関連、③「柔よく剛を制す」動きの変容と柔道のスポーツ化に関する検討、④武道を自国の運動文化として位置づけた体育の学習内容の再構成、⑤「我が国固有の動き」を学ぶ運動学習プログラムの作成及び指導教具の開発が現在の研究課題となっています。

連絡先電話番号

    0795-44-2228

学歴

  •  - 2008年03月, 京都教育大学大学院
  •  - 1979年03月, 京都教育大学
  • 京都教育大学

所属学協会

  • 日本体育社会学会
  • 日本スポーツ人類学会
  • 日本スポーツ教育学会
  • 日本体育科教育学会
  • 日本武道学会
  • 日本体育学会

経歴

  •   2008年04月01日, 聖泉大学

研究活動情報

研究分野

  • 教育学, 教科教育学, 体育科教育
  • 文化人類学, 文化人類学・民俗学, 日本文化論
  • 健康・スポーツ科学, 身体教育学, 武道論

論文

  • An Attempt to Grasp the Contents of Judo through Development of "Established Scale of the Basic Principle Ju", 有山 篤利, International Journal of Sport and Health Science,   2017年11月
  • 「柔の原理定着尺度」の開発を通した柔道の学習内容の提示, 有山 篤利, 体育学研究, 61, (2) 421 - 433,   2017年03月
  • 投げ技の動き作りにおける足形シートの有効性の検討, 籔根敏和,有山篤利,藤野貴之,中嶋啓之, 京都教育大学紀要, 128, 21 - 33,   2016年03月
  • 教科体育における柔道の学習内容とその学び構造に関する検討, 有山篤利・山下秋二, 体育科教育学研究, 31, (1) ,   2015年
  • 中学校武道必修化に対応した「柔道指導プログラム」の検討, 黒澤寛己・】横山勝彦・有山篤利, 京都滋賀体育学研究, 31,   2015年
  • 体罰問題を通して新しい時代のスポーツを考える, 有山篤利, 聖泉大学スポーツ文化研究所紀要, 6, (1) ,   2015年
  • 発見型柔道授業プログラムを構成する新受け身プログラムの有効性の検証, 籔根敏和・有山篤利, 京都教育大学紀要, 126,   2015年
  • 発見型柔道授業プログラムの教材としての抑え技の妥当性の検討, 籔根敏和・中嶋啓之・有山篤利, 講道館科学研究会紀要, 15,   2015年
  • CLCPを通した学生のキャリア発達と利他的マインドの関係に関する基礎的研究、聖泉論叢第21号, 有山篤利・平山奈央子・柴田雅美・富川拓, 聖泉論叢, 21,   2014年
  • 発見型柔道学習における指導教具を用いた投げ技の学習展開, 有山篤利・籔根敏和・藤野貴之・中嶋啓之, 聖泉大学スポーツ文化研究所紀要, 5, (1) ,   2013年
  • 柔道非専門者を指導者とした場合の発見型柔道学習プログラムの女子学生への有効性の検証, 籔根敏和・有山篤利・藤野貴之・中嶋啓之, 講道館柔道科学研究会紀要, 14,   2013年
  • 中学校武道必修化に向けての柔道指導プログラムの開発, 黒澤寛己・横山勝彦・有山篤利, 京都滋賀体育学研究, 29, (1) ,   2013年
  • 柔道の受身及び投技習得を助ける教具の有効性の検証, 籔根敏和・有山篤利・藤野貴之・中嶋啓之, 京都教育大学紀要, 123,   2013年
  • 投げ技マイスターで柔道の基礎的運動感覚を養う, 有山篤利, 体育科教育, 60, (6) ,   2012年
  • 武道必修化と柔道の安全をどう考えるか, 有山篤利, 体育科教育60, (7) ,   2012年
  • 小学校体育において児童に身につけさせるべき基礎的動きとは, 榎本靖士・中比呂志・有山篤利・野村照夫・山本泰明・杉本和那美, 京都教育大学教育実践研究紀要, 12,   2012年
  • 発見型柔道学習における受け身の上達と投げ技マイスターの活用効果, 有山篤利・籔根敏和・藤野貴之・中嶋啓之, 聖泉大学スポーツ文化研究所紀要, 4, (1) ,   2012年
  • 地域力循環型キャリア教育プログラム(CLCP)に関する実践報告, 有山篤利・柴田雅美・富川拓・富章・宮内雄飛・松本英和, 聖泉論叢, 19,   2012年
  • 本学特別支援クラブに関する実態調査報告, 豊田一成・有山篤利・炭谷将史・山堀貴彦・多胡陽介・竹内早耶香, 聖泉大学スポーツ文化研究所紀要, 4, (1) ,   2012年
  • キャリア教育の取り組みと大学生のキャリア意識の変化の関連についての追跡調査Ⅰ(自己効力感を中心に), 李艶・有山篤利, 聖泉論叢, 19,   2012年
  • キャリア教育の取り組みと大学生のキャリア意識の変化の関連についての追跡調査Ⅱ(進路決断不安を中心に), 李艶・有山篤利, 聖泉論叢, 19,   2012年
  • よい抑え込み動作の究明と抑技の評価基準の作成, 籔根敏和,中嶋啓之,有山篤利,藤野貴之, 講道館柔道科学研究会紀要, 16, 115 - 121

書籍等出版物

  • スポーツ戦略論, 上田滋夢,堀野博幸,松山博明, 共著, 4章13講, 大修館書店,   2017年01月
  • スポーツ経営学改訂版, 山下秋二,中西純司,畑攻,冨田幸博, 共著, 14章1 運動部の現状と経営革新

特許

  • 柔道指導用補助具, 有山 篤利, 特願2011-156186, 特開2013-022031, 特許5312530

競争的資金

  • 日本人の美意識や社会的態度を踏まえて伝統文化を学ぶ発見型柔道学習プログラムの開発

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 運動方法学Ⅳ(ダンス・柔道), 兵庫教育大学
  • スポーツ文化論(院), 兵庫教育大学
  • スポーツと人間性の回復(院), 兵庫教育大学
  • 体育・スポーツ文化論Ⅱ, 兵庫教育大学
  • 日本文化教材Ⅰ(院), 兵庫教育大学
  • 体育科教育法Ⅳ, 兵庫教育大学
  • 体育Ⅰ, 兵庫教育大学
  • 初年時セミナー, 兵庫教育大学
  • 特別活動の研究, 兵庫教育大学
  • スポーツ指導実習Ⅱ(柔道), 兵庫教育大学

1.学外授業担当科目 2.論文指導 3.学生指導等

    2015,特別活動の研究,2015,スポーツ指導実習Ⅱ(柔道),

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 社会貢献活動, NHKニュース,   2012年
  • 社会貢献活動, 日本経済新聞,   2014年
  • 社会貢献活動, 読売TV「ten」,   2012年
  • 社会貢献活動, 地域仕事づくりコーディネーター戦略会議,   2013年10月
  • 社会貢献活動, DRIVE×NEWVERYトークライブ「いまキャリア教育を考える」,   2013年10月
  • 社会貢献活動, 湖東・湖北4大学連携フォーラム,   2013年08月
  • 社会貢献活動, 「体罰問題を通して新しいスポーツ指導を考える」シンポジウム開催,   2013年07月
  • 社会貢献活動, 京都府立東稜高校いじめ・体罰問題に関わる研修会,   2013年10月
  • 社会貢献活動, 常葉学園橘中高等学校教育講演会,   2013年02月
  • 社会貢献活動, 加東市立滝野中学校ICT教育研究発表会,   2015年11月