詳細検索はこちら

松村 京子マツムラ キョウコ

所属部署学校心理・学校健康教育・発達支援コース
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/10/23

研究者基本情報

連絡先電話番号

    0795-44-2192

学歴

  •  - 1984年, 大阪大学, 医学研究科, 生理学

学位

  • 医学博士

所属学協会

  • 日本情動学会
  • 日本生理学会
  • 日本小児保健学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本臨床発達心理士会
  • 日本赤ちゃん学会
  • 日本教育実践学会
  • 日本生気象学会

委員歴

  • 文部科学省高等教育局大学設置分科会専門委員(H16.5~H20.3)
  • 日本生理学会評議員(S60.4~現在)
  • 日本生気象学会評議員(H7.10~現在)
  • 日本教育実践学会理事・常任編集委員(H10.10~現在)
  • 日本発達心理学会編集委員(H18.4~H20.3)
  • 日本臨床発達心理士会関西支部副支部長(H17.4~現在)
  •   1985年, 日本生理学会, 評議員
  •   1995年, 日本生気象学会, 評議員
  •   1998年, 日本教育実践学会, 理事
  •   2006年, 日本発達心理学会, 編集委員
  •   2008年, 日本臨床発達心理士会, 関西支部副支部長
  •   2008年, 日本家政学会, 代議員

経歴

  •   2014年04月 - 現在, 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科, 研究科長
  •   2009年04月 - 2014年03月, 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科 研究主幹
  •   2004年04月 - 2009年03月, 兵庫教育大学附属小学校 校長
  •   1995年04月 - 現在, 兵庫教育大学 教授
  •   1990年07月 - 1995年03月, 滋賀大学教育学部 助教授
  •   1988年01月 - 1988年12月, 西独マックスプランク研究所(Bad Nauheim) マックスプランク奨学制度による研究員
  •   1984年04月 - 1990年06月, 滋賀大学教育学部 講師

学内兼務職

    200504,200903,附属小学校校長,200904,連合学校教育学研究科研究主幹,

研究活動情報

研究分野

  • 子ども学, 子ども学(子ども環境学)
  • 心理学, 教育心理学

研究キーワード

    情動・社会性の発達, 実行機能

論文

  • Less efficient and costly processes of frontal cortex in childhood chronic fatigue syndrome., Mizuno K, Tanaka M, Tanabe H, Joudoi T, Kawatani J, Shigihara Y, Tomoda A, Miike T, Imai-Matsumura K, Sadato N, Watanabe Y., Neuro Image Clinical, 9, 355 - 368,   2015年09月
  • 中学生の身体的疲労が認知機能と情動機能に及ぼす影響, 門馬明子,水野敬,梶本修身,渡辺恭良,松村京子, 日本疲労学会誌, 10, (2) 45 - 51,   2015年03月
  • 対人関係場面におけるソーシャル・シンキングプログラムのアセスメントツールの開発と介入効果, 岡脇 誠, 笹口浩子, 松村京子, 教育実践学研究, 16, (1) 1 - 10,   2014年09月
  • 特集『感情を科学する』 教育と感情―感情能力を育む教育―, 松村京子, 最新精神医学, 19, (4) 315 - 320,   2014年07月
  • 赤ちゃんとの継続的交流体験学習 -情動知能・養護性を育むために-, 松村京子, 世界の児童と母性, 76, 75 - 80,   2014年04月
  • 知的障害児・自閉症児における文字への注視を促す支援教材に関する視線分析研究, 大隅順子,松村京子, 発達心理学研究, 24, (3) 318 - 325,   2013年09月
  • 乳児との対面時の母親の視線と対児行動に関する縦断研究―生後4~10か月までの変化―, 田中 響,松村京子, 小児保健研究, 72, (4) 493 - 499,   2013年07月
  • Teachers’ Gaze and Awareness of Pupils’ Behavior: Using an Eye Tracker, Yamamoto T, Imai-Matsumura K, Innovative Teaching, 2, 1 - 7,   2013年07月
  • Divided attention of adolescents related to lifestyles and academic and family conditions, Mizuno K, Tanaka M, Fukuda S, Imai-Matsumura K, Watanabe Y., Brain & Development , 35, 435 - 440,   2013年05月
  • 通常学級における多動児のワーキングメモリ支援による行動改善に関する実証的研究, 小林裕子,松村京子, 教育実践学研究, 14, (2) 13 - 22,   2013年03月
  • 児童と関わるときの教育実習生の情動能力-優れた教師との比較-, 細谷里香,松村京子, 発達心理学研究, 23,   2012年
  • Emotional Experience, Expression, and Regulation of High-Quality Japanese Elementary School Teachers., Hosotani, R, Imai-Matsumura, K, Teaching & Teacher Education, 27, 1039 - 1048,   2011年08月
  • 認知特性と個別ニーズに基づいた学習支援―算数の遅れが顕著な小学4年生の事例―, 細谷里香,松村京子, 臨床発達心理学研究, 6, 115 - 121,   2011年08月
  • Relationship between cognitive functions and prevalence of fatigue in elementary and junior high school students., Mizuno, K, Tanaka, M, Fukuda, S, Imai-Matsumura, K, Watanabe, Y, Brain & Development, 33, (6) 470 - 479,   2011年06月
  • Low visual information-processing speed and attention are predictors of fatigue in elementary and junior high school students., Mizuno K, Tanaka M, Fukuda S, Yamano E, Shigihara Y, Imai-Matsumura K, Watanabe Y., Behavioral & Brain Functions, 7, (20) ,   2011年06月
  • Effort-Reward Imbalance for Learning is Associated with Fatigue in School Children., S. Fukuda, E. Yamano, T. Joudoi, K.Mizuno, M. Tanaka, J. Kawatani, M. Takano, A.Tomoda, K.Imai-Matsumura ,T.Miike, Y. Watanabe, Behavioral Medicine, 36, 53 - 62,   2010年
  • アフタースクールにおける個別学習支援‐算数が苦手な低学年児童の事例を通して‐, 富井和美,細谷里香,松村京子, 臨床発達心理実践研究, 5, 110 - 117,   2010年
  • 女子大学生における乳児へのあやし行動:乳児との接触経験による違い, 中川愛,松村京子, 発達心理研究, 21, (2) 192 - 199,   2010年
  • 豊かな情動を育む教育, 松村京子, 児童心理(金子書房), 895, 60 - 64,   2009年
  • 小学生の日本版IFEEL Picturesに対する反応, 山口香織,松村京子, 小児保健研究, 68, (1) 39 - 45,   2009年
  • Reliability and validity of the Japanese version of the Chalder Fatigue Scale among youth in Japan., M. Tanaka, S. Fukuda, K.Mizuno, K. Imai-Matsumura , T. Jodoi, J. Kawatani,M. Takano, A. Tomoda, T. Miike, Y. Watanabe, Psychological Reports, 103, 682 - 690,   2008年
  • 乳児との定期的交流学習による児童の情緒応答性の発達,, 富井和美,松村京子, 教育実践学研究(日本教育実践学会), 10, (1) 1 - 9,   2008年
  • Facial skin temperature decreases in infants with joyful expression., R.Nakanishi, K. Imai-Matsumura, Infant Behavior & Development, 31, 137 - 144,   2008年
  • 虐待の発生予防としての教育, 松村京子, 子どもの虹情報研修センター紀要, 5,   2008年
  • 乳児への絵本読み聞かせ時における女子大学生の言葉かけと行動レパートリー, 中川 愛, 松村京子, 応用教育心理学研究(日本応用教育心理学会) , 24, (1) 3 - 10,   2007年
  • 脳と教育~鍛えるだけが脳じゃない!?,「シリーズトーク“脳も知らない未来へ!”」, 松村京子他, 日経サイエンス, (11月号) ,   2007年
  • 教育現場で「神経神話」がはびこる背景, 松村京子, 科学, 77, (3) ,   2007年
  • “神経神話”が問いかけるもの, 松村京子他, 科学, 77, (3) 252 - 258,   2007年
  • 小学校「人間発達科」第5学年の学習プログラムの開発研究―感情についての理解を促す学習とその効果―, 服部英雄,宮元博章,松村京子, 教育実践学研究(日本教育実践学会), 8, (2) 13 - 21,   2007年
  • 乳児の情動研究:非接触法による生理学的アプローチ, 松村京子, ベビーサイエンス(日本赤ちゃん学会), 6, 2 - 14,   2006年
  • 乳児との接触未経験学生のあやし行動:音声・行動分析学的研究, 中川 愛,松村京子, 発達心理学研究(日本発達心理学会), 17, (2) 138 - 147,   2006年
  • 発話・表情分析に基づく育児シミュレーションソフトの学習効果, 山口香織,松村京子, 教育実践学研究(日本教育実践学会), 7, (1) 1 - 8,   2005年
  • 生活リズムを取り戻させよう , 松村京子, 別冊PHP(PHP研究所),   2005年
  • 乳幼児理解のためのマルチメディアソフトウェアの開発, 松村京子,高野 勉, 教育実践学研究(日本教育実践学会), 6, (1) 21 - 29,   2005年
  • 中学生との交流が幼児の遊び行動に与える影響, 松村京子, 小児保健研究(日本小児保健協会), 64, (2) 316 - 321,   2005年
  • 乳児との対面時における女子学生のマザーリーズ出現, 中川 愛,松村京子, 応用教育心理学研究(日本応用教育心理学会), 21, (1) 21 - 29,   2004年
  • 乳児の情動と顔の皮膚温, 松村京子, 小児歯科臨床, 8, (6) 47 - 52,   2003年
  • 3歳児のままごと遊びにおける食に関するスクリプトについて, 吉澤千夏,大瀧ミドリ,松村京子, 日本家政学会誌(日本家政学会), 54, (2) 113 - 122,   2003年
  • Attenuated fever in pregnant rats is associated with blunted syntheses of brain cyclooxygenase-2 and PGE2., K. Imai-Matsumura, K. Matsumura, A. Terao, Y. Watanabe, American Journal of Physiology, Regulatory Integrative & Comparative Physiology(American Physiological Society), 283,   2002年
  • 2歳児のままごと遊びにおける食に関するスクリプトについて, 吉澤千夏,大瀧ミドリ,松村京子, 日本家政学会誌(日本家政学会), 53, (6) 539 - 548,   2002年
  • 幼児体験学習時の中学生と高校生の対児行動, 大路雅子,松村京子, 小児保健研究(日本小児保健協会), 61, (3) 489 - 495,   2002年
  • 人とのかかわり方を学び養護性を培う教育, 松村京子, 思春期学(日本思春期学会), 20, (1) 14 - 19,   2002年
  • 幼児との交流時における高校生の対児行動-対児感情と性別による違い-, 松村京子,大路雅子,山口香織, 小児保健研究(日本小児保健学会), 61, (1) 66 - 72,   2002年
  • 子どもの発達に関するビデオ教材の分析-ピアジェの実験を題材にして-, 永田智子、松村京子, 教育実践学研究, 2, (1) 41 - 48,   2000年
  • 中学生の幼児体験学習による対児感情の変化-2回体験の学習効果-, 中田佳代子、村田好子、松村京子, 応用教育心理学研究(日本応用教育心理学会), 16, 41 - 45,   1999年
  • Alteration by maternal pinealectomy of fetal and neonatal melatonin and dopamine D1 receptor binding in the suprachiasmatic nuclei., N. Naitoh, Yu. Watanabe, K. Matsumura, I. Murai, K. Kobayashi, K. Imai-Matsumura, H. Ohtuka, K. Takagi, Y. Miyake, K. Satoh, Y. Watanabe, Biochem. Biophys. Res. Commun., 253, (3) 850 - 854,   1998年
  • 乳幼児・高齢者の体温調節, 松村京子, 繊維機械学会誌, 50, (3) 11 - 16,   1997年
  • Pronounced juvenile circadian core temperature rhythms exist in several strains of rats but not in rabbits., B. Nuesslein-Hildesheim, K. Imai-Matsumura, H. Doring, I.Schmidt, J. Comp. Physiol. B, 165, 13 - 17,   1995年
  • Juvenile circadian core temperature rhythm in Wistar and lean (FA/-) Zucker rat pups., K. Imai-Matsumura, R.Kaul, I.Schmidt, Physiol. & Behav., 57, (1) 135 - 139,   1995年
  • Mapping of prostaglanding E2 blinding sites in rat brain using quantitative autoradiography., K. Matsumura, Y. Watanabe, K. Imai-Matsumura, M. Connolly, Y.Koyama, H. Onoue, Y. Watanabe, Brain Research, 581, (2) 292 - 298,   1991年
  • Suppression of cold-induced thermogenesis in full-term pregnants rats., K. Imai-Matsumura, K. Matsumura, A. Morimoto, T. Nakayama, J. Physiol., 425, 271 - 281,   1990年
  • Maternal thermal stimulation changes metabolic activity in fetal hypothalamus., K. Imai-Matsumura, A. Morimoto, N. Murakami, T. Nakayama, Brain Res., 513, 295 - 298,   1990年
  • Metabolic activation of the fetal rat brain., A. Morimoto, K. Imai-Matsumura, N. Murakami, Neuroscience Letters, 111, 34 - 38,   1990年
  • Thermal responses of ventromedial hypothalamic neurons in vivo and in vitro., K.Imai-Matsumura, K.Matsumura, C.Tsai, T.Nakayama, Brain Res., 445, 193 - 197,   1988年
  • 小児のバイタルサインのチェックポイント「体温調節の生理」, 中山昭雄、松村京子, 小児看護, 10, (10) 1158 - 1162,   1987年
  • The central efferent mechanism of brown adipose tissue thermogenesis induced by preoptic cooling., K.Imai-Matsumura, T.Nakayama, Can. J. Physiol. Phamacol., 65, 1299 - 1303,   1987年
  • Involvement of ventromedial hypothalamic in brown adipose tissue thermogenesis induced by preoptic cooling in rats., K. Imai-Matsumura, K. Matsumura, T.Nakayama, Japanese Journal of Physiology, 34, (5) 939 - 943,   1984年
  • Response of glucose-responsive ventromedial hypothalamic neurons to scrotral and preoptic thermal stimulation in rats., T. Nakayama, K. Imai-Matsumura, Neurosci. Lett., 45, 129 - 134,   1984年
  • Responses of hypotalamic and thalamic neurons to noxious and scrotal thermal stimulations in rats., K. Kanosue, T. Nakayama, Y. Ishikawa, K. Imai-Matsumura, Journal of thermal Biology, 9, 11 - 13,   1984年
  • Responses of lateral hypothalamic neurons to scrotal and preoptic thermal stimulation in rats., K. Imai-Matsumura, T. Nakayama, Neurosci. Lett., 35, 277 - 282,   1983年
  • Neuromuscular blocking in acutely tatanus intoxicated mice., N. Sugimoto, M. Matsuda, Y. Ohnuki, T.Nakayama, K. Imai, Biken Journal, 25, (1) 21 - 28,   1983年
  • Dynamic response of preoptic and hypothalamic neurons to scrotal thermal stimulation in rats., T. Nakayama, K. Kanosue, Y. Ishikawa, K. Matsumura, K. Imai, Pflugers Archiv, 396, 23 - 26,   1982年
  • Effects of preoptic thermal stimulation on the venromedial hypothalamic neurons in rats., T. Nakayama, K. Yamamoto, Y. Ishikawa, K. Imai, Neuroscience Letters, 26, 177 - 181,   1981年
  • Temperament and character as predictors of fatigue-induced symptoms among school, E. Yamano, S. Fukuda, T. Joudoi, K.Mizuno,M. Tanaka, Y. Kataoka, J. Kawatani, M. Takano, A.Tomoda, K.ImaiMatsumura,T.Miike, F.Matsuda, Y. Watanabe, Comprehensive Psychiatry

MISC

  • 小1プロブレム予防のためのSTARTプログラム vol.4不快な感情の理解と善意の解釈, 医療映像教育センター,   2011年09月
  • 小1プロブレム予防のためのSTARTプログラム vol.3友だち間の問題解決と感情コントロール, 医学映像教育センター,   2011年08月
  • 小1プロブレム予防のためのSTARTプログラム vol.2注意集中と興奮・イライラへの対応, 医療映像教育センター,   2011年05月
  • 小1プロブレム予防のためのSTARTプログラム vol.1 感情についての論理的な考え方, 医学映像教育センター,   2011年05月
  • 非侵襲的脳機能計測を用いた意欲の脳内機序と学習効率に関するコホート研究-学習効率に関するコホートおよび実際の教育現場に即した学習効率の研究-, (独)科学技術振興機構 研究開発プログラム「脳科学と教育」タイプⅡ 報告書,   2010年03月
  • 情動知能をはぐくむ, 「全国青少年相談研究集会」報告書 (文部科学省),   2009年03月
  • 教師と児童の応答的な授業づくり, 明治図書,   2009年01月
  • 「学ぶこと」と「教えること」の共鳴―言語を活用し表現する授業づくり―, 教師と児童の応答的な授業づくり, 明治図書,   2009年01月
  • 増え続ける子どもの不登校・いじめ・非行―発生予防のための教育― , 学校マネージメント (明治図書),   2008年11月
  • 情動調整能力の育成を, 神戸新聞「論」,   2008年03月
  • 新時代の学力形成をめざす授業づくり:「教えること」を明確化した指導スキル,, 明治図書,   2008年01月
  • 虐待の発生予防としての教育, 厚労省:子どもの虹情報研修センター(日本虐待・思春期問題情報研修センター),   2008年01月
  • 脳と教育~鍛えるだけが脳じゃない!?, 日経サイエンス,   2007年11月
  • 赤ちゃんの脳,子どもの脳―科学と育ちと学びの倫理―, 第3回「脳神経科学と倫理」ワークショップ報告書,   2007年10月
  • 児童虐待をなくすために情動知能の育成を!, 補導だより, 282,   2007年09月
  • 教師と児童の情緒応答的関係, 教育のあゆみ, 34,   2007年01月
  • 学び合い、分かり合う授業づくりー「教えること」の見直しからー 「学び合い・分かり合う」情緒応答的関係, 明治図書,   2007年01月
  • 特色ある教育―北欧の教育―, 教育のあゆみ, 33,   2006年09月
  • 生活リズムを取り戻させよう, PHP研究所,   2005年09月
  • 「こころの知能」を育むための教育, 教育のあゆみ, 32,   2005年06月
  • 子どもの発達と支援 VOL.5 認知・思考の発達, 医学映像教育センター,   2005年02月
  • 子どもの発達と支援 VOL.4 ことばの発達, 医学映像教育センター,   2005年02月
  • 子どもの発達と支援 VOL.3 社会性の発達, 医学映像教育センター,   2005年02月
  • 子どもの発達と支援 VOL.2 情動の発達, 松村 京子, 医学映像教育センター,   2005年02月
  • 子どもの発達と支援 VOL.1 運動機能の発達, 医学映像教育センター,   2005年02月
  • こころの知能を育むための教育, 初等教育資料,   2004年06月
  • 摂食のメカニズムから肥満予防の教育を考える, 松村京子, 兵庫教育, 624,   2003年
  • マルチメディアソフトウェア 「乳幼児の心とからだの発達」, 東京書籍,   2000年04月
  • 心の健康-情動のコントロール, 松村京子, 健康教室, (588) 61 - 63,   1999年
  • 乳幼児体験学習の学習効果と課題, 兵庫教育, 571,   1998年09月
  • 子供の生活リズム, 松村京子, 初等教育資料,   1997年

書籍等出版物

  • はかる百科, 松村京子, 共編者, 丸善出版,   2016年10月
  • 青年期発達百科事典 , 松村京子, 共訳, 丸善出版,   2014年04月
  • 学校における情動・社会性の学習-就学前から高等学校まで-, 松村京子, 編者, 日本学校保健会/丸善,   2012年03月
  • 対人関係ハンドブック, 金剛出版,   2012年02月
  • 「新・発達心理学ハンドブック」(日本発達心理学会編) 第3巻「時間と人間」, 新曜社,   2011年04月
  • 「臨床発達心理学・理論と実践」第1巻「臨床発達心理学の基礎」, ミネルヴァ書房,   2011年02月
  • 発達と体温調節「からだと温度の事典」, 朝倉書店,   2010年
  • 子どもを伸ばす情動知能の育成, 明治図書,   2008年
  • 子どもの理解と支援のための発達アセスメント, 有斐閣,   2008年
  • 情動知能を育む教育-「人間発達科」の試み-, ナカニシヤ出版,   2006年04月
  • VTR & DVD 子どもの発達と支援(VOL.1 運動機能の発達), 医学映像教育センター,   2005年
  • VTR & DVD 子どもの発達と支援(VOL.2 情動の発達), 医学映像教育センター,   2005年
  • VTR & DVD 子どもの発達と支援(VOL.3 社会性の発達), 医学映像教育センター,   2005年
  • VTR & DVD 子どもの発達と支援(VOL.4 ことばの発達), 医学映像教育センター,   2005年
  • VTR & DVD 子どもの発達と支援(VOL.5 認知・思考の発達), 医学映像教育センター,   2005年
  • 適応障害の包括的支援システムの構築, ナカニシヤ出版,   2005年
  • 「こころの知性」を育む-幼稚園児から中学生までの教育-, 東信堂,   2004年
  • 臨床発達心理学3 社会・情動発達とその支援, ミネルヴァ書房,   2002年
  • 総合思春期学, 診断と治療社,   2001年
  • 社会性の心理学「社会性のはじまり-乳児期における対人関係」, ナカニシヤ出版,   2000年
  • 子どもの虐待をなくすために-親になるための学校テキスト/オーストラリア-, 共訳, 東信堂,   1998年, ISBN:4887132727
  • 健康と住まい「環境と人間」, 朝倉書店,   1997年
  • 子供の脳の栄養学―頭の良い子の育て方 (ブルーバックス), C.キース コナーズ, 共訳, 講談社,   1991年07月, ISBN:4061328778
  • 子供の脳の栄養学, 講談社,   1991年
  • 発熱症候群「新生児の体温調節」, 文光堂,   1989年
  • 新小児医学大系第2巻 小児発達科学-体温調節機能の発達-, 中山書店,   1986年
  • Thermal Physiology, Raven Press(New York),   1984年

受賞

  •   2000年, マルチメディアソフトウェア(CD-ROM)「乳幼児の心とからだの発達」(東京書籍) (2000年度日本視聴覚教育協会CD-ROM,学校教育部門最優秀賞受賞)

競争的資金

  • 実行機能育成プログラムが被災地宮城県の子どもの実行機能と学力へ及ぼす効果, 科学研究費補助金,   2016年 - 2019年, 松村京子, 小1プロブレム防止のための就学準備教育として,自分自身の情動をコントロールし,集中力を高め,良好な対人関係を構築することを目指したSTARTプログラムの開発研究を行っている。対象は小学校1年生(1学期)及び就学前児である。
  • 小一プロブレム克服のための実行機能育成プログラム:就学前から小学校までの縦断研究, 科学研究費補助金,   2012年 - 2015年, 松村 京子
  • 子ども虐待の発生予防:乳児に対する情緒応答性を高めるための研究, 科学研究費補助金,   2009年 - 2011年, 松村 京子
  • 脳科学と教育:子どもの学習意欲に関する研究, JST社会技術研究プログラム(RISTEX),   2003年 - 2009年
  • あやし行動場面における乳児と対面者の相互情動反応に関する生理心理学的研究, 科学研究費補助金,   2005年 - 2007年, 松村 京子
  • 小学校「人間発達科」における子どもの内省性・社会性・養護性の育成に関する研究(文科省研究開学校指定), 指定研究,   2001年 - 2007年
  • サーモグラフィー及びストレスホルモン測定法を用いた乳児の情動反応に関する研究, 科学研究費補助金,   2003年 - 2004年, 松村 京子
  • 情動・社会性の発達に関する研究, 科学研究費補助金

教育活動情報

1.学外授業担当科目 2.論文指導 3.学生指導等

    2011,2012,