詳細検索はこちら

森山 潤モリヤマ ジュン

所属部署授業実践開発コース, 生活・健康・情報系教育コース
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/10/12

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:理論と実践との統合的なアプローチから.技術教育・情報教育・ICT活用教育等について.生徒の認知的実態の分析に基づく学習指導の改善研究に取り組んでいる。

連絡先電話番号

    0795-44-2172

学歴

  •  - 1995年03月, 京都教育大学, 大学院教育学研究科
  •  - 1990年03月, 京都教育大学, 教育学部
  •  - 2002年03月, 兵庫教育大学

学位

  • 博士(学校教育学)

経歴

  •   1995年04月, 国立教育研究所 教育情報・資料センター 共同研究員
  •   1998年04月, 信州大学教育学部 助教授
  •   2003年03月, 兵庫教育大学学校教育学部 助教授
  •   1990年04月, 京都市立伏見中学校 教諭
  •   1994年04月, 京都教育大学教育学部附属京都中学校 教諭
  •   2005年04月, 兵庫教育大学大学院学校教育研究科 助教授
  •   2007年04月, 兵庫教育大学大学院学校教育研究科 准教授
  •   2011年04月, 兵庫教育大学大学院学校教育研究科 教授

研究活動情報

研究分野

  • 教育学, 教育学, ICT活用教育
  • 教育学, 教育学, 情報教育
  • 教育学, 教育学, 技術教育

論文

  • 小学校段階におけるプログラミング教育に対する教員の意識と意義形成要因の検討, 黒田 昌克, 森山 潤, 教育メディア研究, 教育メディア研究, 24, (2) 43 - 54,   2018年
  • 小学校段階におけるプログラミング教育の実践に向けた教員の課題意識と研修ニーズとの関連性, 黒田 昌克, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 41, (0) 169 - 172,   2018年
  • ものづくり活動における生徒の批判的思考の構造, 上之園 哲也, 松浦 幹雄, 中原 久志, 勝本 敦洋, 森山 潤, 日本教科教育学会誌 = The bulletin of Japanese curriculum research and development, 日本教科教育学会誌 = The bulletin of Japanese curriculum research and development, 40, (3) 25 - 35,   2017年
  • PIC-GPE組込LED発光教材を利用した小学校プログラミング教育の実践と評価方法の提案, 阪東 哲也, 川島 芳昭, 菊地 章, 加部 昌凡, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 59, (3) 187 - 197,   2017年
  • 中学校技術科「材料と加工に関する技術」の設計学習における生徒のレディネスとしての初期構想力の類型化, 勝本 敦洋, 森山 潤, 上之園 哲也, 中原 久志, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 59, (3) 157 - 166,   2017年
  • 中学生の「情報に関する技術」に関わる技術ガバナンス能力の実態把握, 川島 芳昭, 森山 潤, 上野 耕史, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 59, (2) 71 - 78,   2017年
  • 工業高校生の在籍時における職業に対する自己効力感の就職後の変容に関する事例検討, 山尾 英一, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 58, (4) 223 - 231,   2016年
  • 中学生の技術ガバナンスに対する意識の実態とその形成要因に関する探索的検討, 世良 啓太, 森山 潤, 勝本 敦洋, 末吉 克行, 上野 耕史, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 58, (3) 151 - 158,   2016年
  • 工業高校における生徒の自己概念と職業に対する自己効力感との関連性 : 3年生の知見を踏まえた1・2年生への調査から, 島田 和典, 山尾 英一, 森山 潤, 工業技術教育研究 : 日本工業技術教育学会誌 : Journal of Japan Academic Society for Industrial Education, 工業技術教育研究 : 日本工業技術教育学会誌 : Journal of Japan Academic Society for Industrial Education, 21, (1) 1 - 9,   2016年
  • 中学校における生徒の「技術」に対するイメージと技術科の学習意欲との関連性, 宮川 洋一, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 58, (2) 65 - 71,   2016年
  • LED照明機器の製作を通して工夫・創造力を育成するエネルギー変換学習の題材開発と試行的実践, 中原 久志, 森山 潤, 上野 耕史, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 日本産業技術教育学会誌 = Journal of the Japan Society of Technology Education, 58, (1) 21 - 29,   2016年
  • 「氷山モデル」を用いてネットワーク利用犯罪の問題に関する情報モラル意識の形成を図る授業実践の効果, 宮川 洋一, 坂東 哲也, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 32, (2) 37 - 48,   2016年
  • 技術科の材料加工学習における生徒の「癒し」と「ストレス」の 感情状況の構造と学習意欲との関連性, 中原 久志, 上之園 哲也, 森山 潤, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 39, (1) 1 - 10,   2016年
  • 大学生の情報モラル意識形成に対する情動制御水準の影響, 阪東 哲也, 宮川 洋一, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 39, (0) 25 - 28,   2016年
  • 中学校技術・家庭科技術分野の現状と課題 (中等教育における工学教育の現状と課題(高校工業科・中学校技術科に焦点をあてて)), 森山 潤, 村松 浩幸, 設計工学 = Journal of Japan Society for Design Engineering : 日本設計工学会誌, 設計工学 = Journal of Japan Society for Design Engineering : 日本設計工学会誌, 50, (10) 497 - 505,   2015年10月
  • 大学生の情報の安全な利用に関する情報モラル意識形成に対する社会的自己制御の影響, 阪東 哲也, 市原 靖士, 宮川 洋一, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 31, (3) 23 - 29,   2015年
  • 大学生の情報の安全な利用に関する情報モラル意識形成に対する社会的自己制御の影響, 阪東 哲也, 市原 靖士, 宮川 洋一, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 31, (3) 23 - 30,   2015年
  • 日本・韓国・中国の中学・高等学校情報教育における学習者のカリキュラムに対するイメージの比較研究, 本村 猛能, 森山 潤, 山本 利一, 角 和博, 工藤 雄司, 教育情報研究, 教育情報研究, 31, (1) 55 - 66,   2015年
  • 大学生の健康維持に関する情報モラル意識と個人内特性との関連性の検討 : 情報機器使用時における身体疲労への配慮及びインターネット依存傾向に着目して, 阪東 哲也, 市原 靖士, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 31, (1) 25 - 32,   2015年
  • 学習者の情報教育に対するカリキュラム・イメージの時系列的な変遷の検討, 本村 猛能, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 30, (3) 37 - 48,   2015年
  • 工業高校3年時における生徒の職業に対する自己効力感が進路不決断に及ぼす影響, 山尾 英一, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 56, (3) 205 - 214,   2014年
  • 技術科「材料と加工に関する技術」の学習における実習ストレスと日常ストレスとの関連性, 中原 久志, 森山 潤, 日本教科教育学会誌 = The bulletin of Japanese curriculum research and development, 日本教科教育学会誌 = The bulletin of Japanese curriculum research and development, 37, (1) 1 - 9,   2014年
  • 中学校技術科「プログラムによる計測・制御」の学習において形成される「技術的な見方・考え方」の実態把握, 萩嶺 直孝, 森山 潤, 教育システム情報学会誌, 教育システム情報学会誌, 31, (3) 239 - 244,   2014年
  • 自他の権利尊重に関する情報モラルに影響する個人内特性の検討 : 自尊感情及び他者理解力に焦点を当てて, 阪東 哲也, 市原 靖士, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 30, (1) 19 - 26,   2014年
  • 児童・生徒のものづくりに対する意識の変化と設計・製作意欲の形成に対する学習適時性の探索的検討, 勝本 敦洋, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 55, (4) 271 - 280,   2013年
  • 中学校技術科「プログラムによる計測・制御」の学習における題材タイプの違いによる生徒の反応の差異, 萩嶺 直孝, 宮川 洋一, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 55, (3) 181 - 190,   2013年
  • 中学生のストレス反応別に見たものづくり活動による「癒し」効果の比較, 中原 久志, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 55, (2) 87 - 94,   2013年
  • 工業高校生の職業に対する自己効力感と時間的展望体験との関連性, 山尾 英一, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 55, (2) 79 - 85,   2013年
  • 電子黒板向け実物画像共有型授業支援ツールPictBoardの開発, 長田 和浩, 中原 久志, 上之園 哲也, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 37, (0) 65 - 68,   2013年
  • タブレット端末の授業活用に対する教員の意識傾向, 森山 潤, 永田 智子, 中原 久志, 上之園 哲也, 萩嶺 直孝, 勝本 敦洋, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 37, (0) 41 - 44,   2013年
  • 中学・高校生の情報活用能力の習得意欲及び情報関連用語に対する認知度に関する日韓中比較, 本村 猛能, 森山 潤, 山本 利一, 角 和博, 工藤 雄司, 教育情報研究, 教育情報研究, 28, (4) 3 - 14,   2013年
  • 技術科教育における生活応用力の形成に関する因果モデルの検討, 上之園 哲也, 森山 潤, 科学教育研究, 科学教育研究, 37, (1) 38 - 46,   2013年
  • 図画工作科のものづくり学習に対する技術科教員と小学校教員の意識の比較, 谷田 親彦, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 54, (4) 213 - 220,   2012年12月25日
  • 技術科のものづくり活動において生徒が感じる「癒し」と「ストレス」の実態分析, 中原 久志, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 54, (3) 143 - 151,   2012年09月30日
  • 工業高校生のキャリア成熟が職業に対する自己効力感に及ぼす影響, 山尾 英一, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 54, (2) 95 - 101,   2012年06月30日
  • 電磁誘導を利用した波力発電教具の開発と授業実践, 山本 利一, 森山 潤, 角 和博, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 54, (1) 21 - 28,   2012年03月23日
  • 技術科教育における生活応用力の育成に効果的な実践形態の検討, 上之園 哲也, 森山 潤, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 35, (2) 73 - 80,   2012年
  • 工業高校における生徒のセンスと授業及び進路に対する意識との関連性, 逸見 正, 上之園 哲也, 森山 潤, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 34, (4) 59 - 67,   2012年
  • 「道徳の時間」の読み物教材を組み込んだ著作権学習の題材開発, 杉谷 義和, 宮川 洋一, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 36, (0) 137 - 140,   2012年
  • 概念地図法を用いた計測・制御システムに対する中学生の既有概念の類型化, 萩嶺 直孝, 島田 和典, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 53, (4) 263 - 271,   2011年12月26日
  • 論文賞「技術科教育における生徒のつまずきに対する意識」, 森山 潤, 宮川 洋一, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 53, (3) ,   2011年09月26日
  • 工業高校生の自己概念が共感的コーピングの形成に果たす役割, 島田 和典, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 53, (3) 145 - 152,   2011年09月26日
  • 小学校教員のものづくり学習に対する目標と指導の意識, 谷田 親彦, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 53, (2) 81 - 89,   2011年06月24日
  • 工業科の授業における生徒のセンスに対する教師の捉え, 逸見 正, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 53, (1) 33 - 42,   2011年03月22日
  • プレゼンテーションソフトを活用した拡大提示教材に対する教師の教材評価の視点形成, 中原 久志, 上之園 哲也, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 35, (0) 165 - 168,   2011年
  • 道徳的規範意識と情報モラルに対する意識との関係 : 中学校学習指導要領の解説「総則編」に示された情報モラルの考え方に基づいて, 宮川 洋一, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 35, (1) 73 - 82,   2011年
  • 技術科教育における学習経験の生活応用力の構造的把握, 上之園 哲也, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 52, (4) 271 - 278,   2010年12月22日
  • 工業高校生の自己概念と学校適応との関連性, 島田 和典, 市原 靖士, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 52, (4) 255 - 262,   2010年12月22日
  • 第2回「産業技術教育」のための国際教育協力シンポジウムの成果 : ものづくりのための人材育成, 宮川 秀俊, 清水 秀己, 大西 研治, 太田 弘一, 熊本 崇, 魚住 明生, 谷口 義昭, 宮田 仁, 村松 浩幸, 森山 潤, 楊 萍, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 52, (3) 243 - 250,   2010年09月30日
  • 工業高校生の職業に対する自己効力感の実態分析, 山尾 英一, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 52, (3) 169 - 176,   2010年09月30日
  • 中学校技術科のゲーム制作において著作権の権利処理を体験させる知的財産学習の効果, 村松 浩幸, 土田 恭博, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 52, (2) 111 - 118,   2010年06月30日
  • 中学校技術科「プログラムによる計測・制御」の学習指導における評価基準の開発--生徒の学習状況を把握するためのルーブリックの構成, 萩嶺 直孝, 田口 浩継, 森山 潤, 日本産業技術教育学会九州支部論文集, 日本産業技術教育学会九州支部論文集, 18, 65 - 72,   2010年
  • 日韓中学生の技術に対する態度に関する比較研究, 李 明薫, 金 鎭洙, 森山 潤, 工業技術教育研究, 工業技術教育研究, 15, (1) 13 - 21,   2010年
  • 情報活用の実践力に対する熟慮・衝動型認知スタイルの影響 : 中学生を対象とした検討, 宮川 洋一, 市原 靖士, 上之園 哲也, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 34, (0) 33 - 36,   2010年
  • 技術科教育における生徒のつまずきに対する意識, 森山 潤, 渡辺 勝由, 宮川 洋一, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 51, (4) 255 - 262,   2009年12月22日
  • シンポジウムII「進む, 学会科研プロジェクト」報告, 藤木 卓, 竹野 英敏, 村松 浩幸, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 51, (3) 243 - 252,   2009年10月31日
  • 製図学習における生徒の立体認識能力及び作図能力が立体描画能力に及ぼす影響 : 男女間の差異に着目して, 三浦 吉信, 森山 潤, 松浦 正史, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 51, (3) 159 - 166,   2009年10月31日
  • ポリテクカレッジにおける学生の学習意欲とキャリア成熟との関連性 : 港湾職業能力開発短期大学校神戸校の事例, 福地 泰尚, 森山 潤, 逸見 正, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 51, (2) 105 - 114,   2009年07月30日
  • 新潟県三条市における「ものづくり学習の時間」公開授業報告 : 文部科学省研究開発学校研究指定校(平成19-21年度)中間発表, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 51, (1) 69 - 72,   2009年03月30日
  • 技術科教育における知的財産学習のための意識尺度の構成, 村松 浩幸, 宋 慧, 松岡 守, 中西 良文, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 51, (1) 17 - 24,   2009年03月30日
  • 「情報とコンピュータ」の学習において生徒に形成される有用感の構造, 森山 潤, 青木 淑香, 鬼藤 明仁, 宮川 洋一, 松浦 正史, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 50, (4) 197 - 205,   2009年01月30日
  • Web教材のサイト構造と中学生のFDI認知スタイルとの関連性, 市原 靖士, 森山 潤, 松浦 正史, 教育システム情報学会誌, 教育システム情報学会誌, 26, (2) 184 - 190,   2009年
  • CMSによる情報共有システムを用いた中学校技術科における知的財産学習の教育効果, 村松 浩幸, 川俣 純, 山口 治, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 25, (3) 41 - 49,   2009年
  • ディジタルコンテンツを用いた学習指導における熟慮・衝動型認知スタイルの影響 : 中学校技術科「情報とコンピュータ」の授業を事例とした検討, 市原 靖士, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 33, (0) 73 - 76,   2009年
  • 教職大学院用eポートフォリオ・システムの開発と試行, 永田 智子, 森山 潤, 森広 浩一郎, 掛川 淳一, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 33, (0) 65 - 68,   2009年
  • Self-efficacy and learning experience of information education: in case of junior high school, (共著), AI & Society, Vol.23, (Springer) ,   2009年
  • ペルチェ素子を用いた温度差発電学習教具の開発と授業実践, 山本 利一, 森山 潤, 角 和博, 池上 康之, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 49, (4) 315 - 322,   2008年03月25日
  • オブジェクトベースのGUIイベントドリブン型プログラミングにおける問題解決過程と知識構造との関連--中学校技術科「情報とコンピュータ」における学習指導の場合, 宮川 洋一, 森山 潤, 松浦 正史, 教育システム情報学会誌, 教育システム情報学会誌, 25, (2) 139 - 150,   2008年
  • 工業科目「情報技術基礎」における生徒の自己効力が自己概念形成に果たす役割, 島田 和典, 森山 潤, 加藤 靖志, 工業技術教育研究, 工業技術教育研究, 13, (1) 17 - 24,   2008年
  • 中学生の「情報活用の実践力」における構造モデルの検討, 市原 靖士, 阪東 哲也, 森山 潤, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 32, (0) 101 - 104,   2008年
  • 工業高校の「課題研究」における製作活動が生徒の自己概念形成に及ぼす影響, 島田 和典, 森山 潤, 松浦 正史, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 48, (4) 275 - 282,   2007年01月31日
  • Visual Basicを用いた初歩のプログラミングにおけるプログラム作成能力と知識構造との関連, 宮川 洋一, 森山 潤, 松浦 正史, コンピュータ&エデュケーション, コンピュータ&エデュケーション, 23, 107 - 112,   2007年
  • Visual Basicを用いた初歩のプログラミングにおけるプログラム作成能力と知識構造との関連, 宮川 洋一, 森山 潤, 松浦 正史, コンピュータ&エデュケーション, コンピュータ&エデュケーション, 23, (0) 107 - 112,   2007年
  • 技術科教育における題材としてのロボットコンテストに対する担当教員の意識, 森山 潤, 井澤 俊公, 宮川 洋一, 山本 利一, 松浦 正史, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 30, (1) 59 - 68,   2007年
  • 「情報とコンピュータ」における学習の有用性に対する生徒の意識, 森山 潤, 青木 淑香, 鬼藤 明仁, 教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education, 教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education, 23, (1) 33 - 39,   2006年
  • ビジュアルプログラミングにおける問題解決過程の質的分析, 宮川 洋一, 森山 潤, 松浦 正史, 教育システム情報学会誌, 教育システム情報学会誌, 23, (3) 135 - 140,   2006年
  • 中学生のコンピュータ使用経験が高校教科「情報」に対する意識に及ぼす影響, 森山 潤, 鬼藤 明仁, 岩倉 鮎美, 宮川 洋一, 松浦 正史, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 30, (0) 141 - 144,   2006年
  • オブジェクト指向イベントドリブン型のプログラミングにおける問題解決過程の構造分析 : プログラム作成能力との関連に焦点を当てて, 宮川 洋一, 森山 潤, 松浦 正史, 教育情報研究, 教育情報研究, 22, (2) 3 - 11,   2006年
  • 情報教育において形成される知識の構造と情報活用の実践力 : 中学校段階の学習内容を対象として, 鬼藤 明仁, 森山 潤, 松浦 正史, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 29, (0) 29 - 32,   2006年
  • 技術科教育におけるディジタルコンテンツに対する教材評価尺度の構成と設計方略の検討, 市原 靖士, 森山 潤, 松浦 正史, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 47, (4) 297 - 306,   2005年12月25日
  • 中学校技術科の授業に対する意識と生活を工夫する経験との関連, 鬼藤 明仁, 森山 潤, 松浦 正史, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 47, (3) 217 - 225,   2005年09月25日
  • 技術科教育における教材としてのディジタルコンテンツに対する担当教員の意識とニーズ, 森山潤, 教育システム情報学会誌, 教育システム情報学会誌, 22, (2) 134 - 139,   2005年
  • 技術科教育における教材としてのデジタルコンテンツに対する担当教員の知識とニーズ, 森山 潤, 市原 靖士, 松浦 正史, 教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education, 教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education, 22, (2) 134 - 139,   2005年
  • 技術教育における技能習得過程の認知モデルに基づく学習指導の試み : 金属加工作業における「技能の学び方」に焦点を当てて, 山本 利一, 森山 潤, 松浦 正史, 玉川 昇, 工業技術教育研究 = Journal of Japan Academic Society for Industrial Education, 工業技術教育研究 = Journal of Japan Academic Society for Industrial Education, 10, (1) 13 - 24,   2005年
  • 中学校技術科の金属加工学習における技能的な課題遂行時に生起する生徒の内省構造, 山本 利一, 森山 潤, 松浦 正史, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 28, (2) 71 - 78,   2005年
  • 中学校技術科の金属加工学習における技能的な課題遂行時に生起する生徒の内省構造, 山本 利一, 森山 潤, 松浦 正史, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 28, (2) 71 - 80,   2005年
  • 工業高校における生徒の自己概念の構造 : 兵庫県・大阪府下における調査に基づいて, 森山 潤, 島田 和典, 松浦 正史, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 46, (4) 211 - 220,   2004年12月25日
  • 中学校技術科教師が認識する技能習得過程における生徒のつまずき : 金属加工を中心として, 山本 利一, 森山 潤, 松浦 正史, 牧野 亮哉, 日本機械学会論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A, 日本機械学会論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A, 70, (698) 1542 - 1548,   2004年10月25日
  • 材料加工学習における生徒の技能習得を把握するためのシンプトムの検討 : 金属加工作業時のプロトコル分析を通して, 山本 利一, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 46, (3) 123 - 133,   2004年09月29日
  • 情報教育におけるネットワーク利用を支援するハイパーリンク管理・生成ツールの開発, 森山 潤, 上條 健太郎, 教育情報研究, 教育情報研究, 19, (3) 25 - 32,   2004年
  • 障害児教育の作業学習における木材加工の製作題材と補助具に関する教育情報Webサイトの構築, 森山 潤, 前田 全俊, 教育情報研究, 教育情報研究, 18, (2) 13 - 21,   2002年
  • 共同学習環境の導入による生徒のプログラム作成能力の向上, 森山 潤, 三谷 亮, 桐田 襄一, 樋口 裕, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 43, (2) 69 - 77,   2001年05月01日
  • プログラミングの学習指導におけるニューラルネットワークを用いた学習効果の予測モデルと授業評価への応用 : 中学3年生を対象としたLogoによる学習指導の事例, 森山 潤, 西 正明, 日本教育工学雑誌, 日本教育工学雑誌, 25, (3) 207 - 216,   2001年
  • 構成実験法によるプログラミングの学習指導方法の検討 : デバッグ事例研究とグループによる分業プログラミングの効果, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 17, (2) 3 - 11,   2001年
  • 中学生のLogoプログラミングにおける課題の拡散性と思考過程との関連, 森山 潤, 教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education, 教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education, 17, (1) 3 - 13,   2000年04月01日
  • 直流と交流の違いを視覚的に学習するための教具開発とその学習効果, 山本 利一, 森山 潤, 青木 礼三, 牧野 亮哉, 日本教科教育学会誌 (The Bulletin of Japanese curriculum research and development), 日本教科教育学会誌 (The Bulletin of Japanese curriculum research and development), 22, (4) 1 - 8,   2000年
  • 児童生徒のものづくりの教育及び中学校技術科教育に対する意識 : 小学校3年生~高等学校3年生を対象とした10都県の意識調査, 土井 康作, 奥野 信一, 横尾 恒隆, 坂口 謙一, 田中 喜美, 近藤 義美, 木村 誠, 角 和博, 森山 潤, 長谷川 雅康, 産業教育学研究, 産業教育学研究, 30, (1) 57 - 63,   2000年
  • 中学校における栽培活動の実態及び環境教育との関連性に関する調査, 森山 潤, 高井 久, 梁川 正, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 23, (3) 17 - 25,   2000年
  • 直流と交流の違いを視覚的に学習するための教具開発とその学習効果, 山本 利一, 森山 潤, 青木 礼三, 牧野 亮哉, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 22, (4) 1 - 8,   2000年
  • プログラミングにおける共同学習過程の分析, 森山 潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 41, (4) 187 - 196,   1999年11月30日
  • 小学校の環境教育における栽培活動の位置付けと実践形態, 森山 潤, 梁川 正, 高井 久, 日本農業教育学会誌, 日本農業教育学会誌, 30, (2) 65 - 76,   1999年10月25日
  • 中学生のLogoプログラミングにおける課題の拡散性と思考過程との関連, 森山 潤, 教育システム情報学会研究報告, 教育システム情報学会研究報告, 1998, (5) 12 - 17,   1999年03月01日
  • プログラミングの学習過程における課題の制御構造及び言語プロセッサが生徒の思考過程に及ぼす影響, 森山 潤, 教育情報研究, 教育情報研究, 15, (3) 11 - 18,   1999年
  • 技術科教育における課題解決学習の指導過程が生徒の学習意欲に及ぼす影響, 森山 潤, 桐田 襄一, 喜田 憲恵, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 40, (3) 155 - 162,   1998年08月31日
  • 「情報基礎」領域における生徒のプログラム設計能力の向上に対する諸要因間の因果関係, 森山 潤, 桐田 襄一, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 39, (2) 87 - 95,   1997年05月31日
  • CENTER書誌情報に基づく技術科教育における研究動向の分析 : 教育研究所・センター刊行論文データベースのキーワード解析処理を通して, 森山 潤, 斉藤 道子, 日本教科教育学会誌, 日本教科教育学会誌, 20, (2) 1 - 8,   1997年
  • 中学生のプログラミングにおける思考過程の構造解析, 森山 潤, 桐田 襄一, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 38, (4) 255 - 262,   1996年11月01日
  • 中学生のプログラミングにおける思考過程の構造解析, 森山潤, 日本産業技術教育学会誌, 日本産業技術教育学会誌, 38, (4) 255 - 262,   1996年

MISC

  • シンポジウム 技術リテラシーの観点から見た中学校技術科における新教育課程の展望と課題, 森山 潤, 日本教科教育学会誌 = The bulletin of Japanese curriculum research and development, 40, (4) 93 - 98,   2018年
  • 情報モラル教育における学習者のレディネスに関する日中比較 : 中国の高校生の電子メール使用に対する意識を中心に, 畑野 裕子, 森山 潤, 金 楠, 神戸親和女子大学大学院研究紀要 = Bulletin of Kobe Shinwa Women's University Graduate School of Literature, 14,   2018年03月31日
  • 技術科内容A.「材料と加工に関する技術」において生徒の工夫・創造を支援する設計学習 : 木材を主とした自由設計題材を中心として, 世良 啓太, 東田 薫, 黒田 昌克, 森山 潤, 次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation, (4) 77 - 83,   2018年03月, 本研究の目的は、中学校技術・家庭科技術分野の内容A.「材料と加工に関する技術」において木材加工を主とした自由設計題材を設定し、設計時の生徒の工夫・創造を支援する方略について実践的に検討することである。まず、生徒に自由設計課題の発想を広げさせるために、アルトシュラーのTRIZ の発明原理をヒントに既製品の改良案を考えさせる方略を用いた実践を行った。その後、生徒に自分の設計アイデアを深めさせるために、タブレット端末を用いた製作品データベース、厚紙やスチレンボードを用いたプロトタイピングなど、複数の支援策の中から自分に必要だと思われる支援策を自ら選択させる方略を用いた実践を行った。その結果、生徒の自由設計に向けた構想が広がるとともに、現実的な制約条件を踏まえた設計へと収束していく様子が設計図の変容から確認され、生徒の工夫・創造する力や態度の高まりが示唆された。
  • ものづくり学習の小中連携に向けた研究課題の展望, 勝本 敦洋, 森山 潤, 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 68, (2) 355 - 368,   2018年02月
  • エネルギーの変換 ・ 利用に関する中高生のイメージの構造と環境生活意識への影響, 森山 潤, 池田垣 稔, 黒田 昌克, 萩嶺 直孝, 山本 利一, 兵庫教育大学研究紀要 : 人間発達教育専攻 特別支援教育専攻 教育内容・方法開発専攻 教育実践高度化専攻 附属学校園, 52,   2018年02月
  • 教職大学院における院生同士の学び合いを促進するカリキュラムの改善 : コース専門科目のカリキュラム改善1年目の成果と課題, 伊藤 博之, 奥村 好美, 宮田 佳緒里, 大西 義則, 黒岩 督, 米田 豊, 長澤 憲保, 永田 智子, 中村 正則, 松本 伸示, 森山 潤, 溝邊 和成, 山内 敏男, 吉水 裕也, 兵庫教育大学研究紀要 : 人間発達教育専攻 特別支援教育専攻 教育内容・方法開発専攻 教育実践高度化専攻 附属学校園, 52,   2018年02月
  • 「総合的な学習の時間」における情報教育に関する研究動向の分析と今後の展望 : CiNii掲載論文のタイトルに対するテキストマイニングを用いて, 畑野 裕子, 森山 潤, 神戸親和女子大学児童教育学研究 = Studies in Childhood Education, 37,   2017年12月26日
  • 機構モデルを用いたロボットコンテストにおける中学生の工夫・創造時の思考内容の探索的検討, 末吉 克行, 世良 啓太, 森山 潤, 兵庫教育大学学校教育学研究, 30,   2017年11月
  • 高校日本史Aにおいて協働的な思考場面を支援する学習アプリの開発と実践, 小川 雄太, 森山 潤, 掛川 淳一, 兵庫教育大学学校教育学研究, 30,   2017年11月
  • 課題設定・解決力を育成するスマー トフォンアプリ開発を用いたプログラミング導入教育の実践 : 大学生を対象とした課外教育の事例, 福井 昌則, 森山 潤, 兵庫教育大学学校教育学研究, 30,   2017年11月
  • 我が国の初等中等教育におけるプログラミング教育の制度化に関する批判的検討, 阪東 哲也, 黒田 昌克, 福井 昌則, 森山 潤, 兵庫教育大学学校教育学研究, 30,   2017年11月
  • 工業高校における生徒の職業に対する自己効力感の形成に関する研究課題の展望, 山尾 英一, 森山 潤, 兵庫教育大学学校教育学研究, 30,   2017年11月
  • 授業におけるICT活用に対する中学校理科教員の意識とニーズ : 活用状況の違いによる差異に着目して, 森山 潤, 長田 和浩, 阪東 哲也, 世良 啓太, 福井 昌則, 黒田 昌克, 兵庫教育大学研究紀要 : 人間発達教育専攻 特別支援教育専攻 教育内容・方法開発専攻 教育実践高度化専攻 附属学校園, 51,   2017年09月
  • 教職大学院における院生同士の学び合いに関する意識実態の把握 : コース専門科目のカリキュラム改善のために, 伊藤 博之, 森山 潤, 大西 義則, 奥村 好美, 黒岩 督, 米田 豊, 長澤 憲保, 永田 智子, 松本 伸示, 溝邊 和成, 宮田 佳緒里, 山内 敏男, 吉田 和志, 吉水 裕也, 兵庫教育大学研究紀要 : 人間発達教育専攻 特別支援教育専攻 教育内容・方法開発専攻 教育実践高度化専攻 附属学校園, 51,   2017年09月
  • 技術的な視点から造形作品に材料・道具体験を加える題材の開発と実践 : 小学校図画工作科と中学校技術科との連携に向けて, 勝本 敦洋, 川崎 康隆, 住谷 淳, 西尾 修一, 栗浦 将司, 世良 啓太, 森山 潤, 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 68, (1) 173 - 183,   2017年08月
  • 高校情報科の授業における生徒の学習意欲の構造的把握, 森山 潤, 井本 絵里, 世良 啓太, 阪東 哲也, 萩嶺 直孝, 兵庫教育大学研究紀要 : 人間発達教育専攻 特別支援教育専攻 教科教育実践開発専攻 教育実践高度化専攻 附属学校園, 50,   2017年02月
  • 教職大学院におけるボトムアップ型FD活動の試み : 兵庫教育大学授業実践開発コースの自主的・協働的授業研究活動の取り組み, 伊藤 博之, 大西 義則, 奥村 好美, 黒岩 督, 米田 豊, 長澤 憲保, 永田 智子, 松本 伸示, 溝邊 和成, 宮田 佳緒里, 森山 潤, 山内 敏男, 吉田 和志, 吉水 裕也, 兵庫教育大学研究紀要 : 人間発達教育専攻 特別支援教育専攻 教科教育実践開発専攻 教育実践高度化専攻 附属学校園, 50,   2017年02月
  • 技術的な視点から造形作品に改良を加える題材の開発と実践 : 小学校図画工作科と中学校技術科との連携に向けて, 勝本 敦洋, 川崎 康隆, 住谷 淳, 西尾 修一, 栗浦 将司, 世良 啓太, 森山 潤, 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 67, (2) 157 - 166,   2017年02月
  • 各教科内でComputational Thinkingを育成することを目的としたBlock型言語環境の開発, 福井 昌則, 萩倉 丈, 番庄 智也, 森山 潤, 平嶋 宗, 教育システム情報学会中国支部研究発表会講演論文集, 17, (1) 17 - 20,   2017年
  • 実験・ 観察場面におけるタブレット端末のカメラ機能活用による学習効果の実践的検討, 森山 潤, 横山 新司, 世良 啓太, 阪東 哲也, 萩嶺 直孝, 29,   2016年11月
  • 学習者の個人内特性に着目した情報モラル教育に関する研究課題の展望, 阪東 哲也, 森山 潤, 29,   2016年11月
  • 実験・観察場面における力メラ機能活用時の撮影デバイスの違いによる有効性の検討 : タブレット端末とデジタルカメラの比較, 森山 潤, 横山 新司, 世良 啓太, 阪東 哲也, 萩嶺 直孝, 兵庫教育大学研究紀要 = Hyogo University of Teacher Education journal, 49,   2016年09月
  • 実験・観察場面におけるタブレット端末等のカメラ機能活用に対する学習者の反応に関する探索的検討, 森山 潤, 横山 新司, 阪東 哲也, 萩嶺 直孝, 勝本 敦洋, 世良 啓太, 兵庫教育大学研究紀要, 48,   2016年02月
  • 活動システムのモデルに基づくICT授業活用の実践解釈と教員研修への応用可能性の検討, 森山 潤, 宮崎 啓, 中原 久志, 勝本 敦洋, 阪東 哲也, 萩嶺 直孝, 兵庫教育大学学校教育学研究, 28,   2015年11月
  • 動画コンテンツ教材の視聴時における学習方略に対する意識付けの効果に関する実践的検討 : 小学校5年生理科「メダカのたんじょう」を事例として, 阪東 哲也, 掛川 淳一, 森山 潤, 兵庫教育大学学校教育学研究, 28,   2015年11月
  • ペーパープロトタイピングによる疑似的なアプリ開発体験を取り入れた技術科「情報に関する技術」の学習, 萩嶺 直孝, 森山 潤, 兵庫教育大学学校教育学研究, 28,   2015年11月
  • 中学校技術科材料加工学習における生活応用力の形成を支援する学習指導法の試行的実践, 上之園 哲也, 中原 久志, 森山 潤, 弘前大学教育学部紀要, (114) 75 - 85,   2015年10月, 本研究の目的は,中学校技術・家庭科技術分野(以下,技術科)において,生活応用力の形成を支援する学習指導方法を構想し,試行的実践を通してその効果を検証することである。筆者らの先行研究に基づき,内容A「材料と加工に関する技術」の学習において,「共通課題-プロダクト重視型」の導入題材,生活との関わりを意識させる中間題材、「個別課題-プロセス重視型」の主題材という多段階の題材設定を指導仮説として導入した。中学1年生184名を対象とした実践の結果,生活応用力の内,「技術活用力」因子は実践全体を通して段階的に有意な向上を示す学習効果が認められた。また,「技術評価・判断力」因子は,導入・中間題材間において一旦水準が減衰した後,中間・主題材間で回復するV字型の推移傾向を示した。これらのことから,本実践において導入した指導仮説には,生活応用力を高める一定の効果のあることが検証された。
  • 学習活動中に撮りためた写真画像を活用する凝縮ポートフォリオ作成支援ツールの開発 : 技術科「材料と加工に関する技術」における実践を事例として, 森山 潤, 竹内 伸行, 勝本 敦洋, 中原 久志, 萩嶺 直孝, 阪東 哲也, 兵庫教育大学研究紀要, 47,   2015年09月
  • 中学校技術科の学習指導における情意的支援の在り方に関する研究課題の展望, 中原 久志, 上之園 哲也, 森山 潤, 大分大学高等教育開発センター紀要, (7) 53 - 64,   2015年03月, 本稿の目的は,中学校技術・家庭科技術分野(以下,技術科)の学習指導における情意的支援の在り方について,先行研究を整理し,今後の研究課題を展望することである。学習指導における情意の心理的機制を整理し,技術科の授業における生徒の情意に着目して関連する先行研究を整理した。その結果,生徒は,技術科の授業,特に実習時のものづくり活動において,ポジティブな感情とネガティブな感情を抱きつつ,作業に取り組んでおり,その感情や活動が学習意欲に対して影響を与えていることが把握された。そこで本稿では,技術科において重視されている学習意欲の向上を目指した教育実践との関連性に基づいて,1生徒の情意を内観から直接的に把握できていない点,2生徒の情意を授業内の反応のみで捉え,日常生活における情意との関連性が検討できていない点,3生徒のポジティブ・ネガティブな感情状況の把握に基づく適切な情意的支援の方策が定かではない点の3点を今後の研究課題として展望した。
  • 高校情報科の授業における生徒の学習意欲の促進 ・減退要因の探索的検討, 井本 絵里, 阪東 哲也, 森山 潤, 兵庫教育大学学校教育学研究, 27,   2015年02月
  • 技術科「材料と加工に関する技術」における「まとめと振り返り」の学習指導の実態把握 : 凝縮ポートフォリオとしての機能に着目して, 森山 潤, 竹内 伸行, 萩嶺 直孝, 勝本 敦洋, 兵庫教育大学研究紀要, 46,   2015年02月
  • 技術科「材料と加工に関する技術」の学習における「学習記録」指導の実践意識 : 課題ポートフォリオとしての機能に着目して, 森山 潤, 竹内 伸行, 勝本 敦洋, 萩嶺 直孝, 兵庫教育大学研究紀要, 45,   2014年09月
  • 教員養成大学における農園活動の意義 : 「兵庫教育大学スチユーデントフアーム」の実践から, 横山 香, 增澤 康男, 渥美 茂明, 岸田 恵津, 森山 潤, 小和田 善之, 吉國 秀人, 兵庫教育大学研究紀要 : 学校教育・幼年教育・教育臨床・障害児教育・言語系教育・社会系教育・自然系教育・芸術系教育・生活・健康系教育・総合学習系教育, 44,   2014年02月
  • 学習コミュニケーションに対する小学校高学年児童の意識に関する探索的検討, 森山 潤, 浦 耕太郎, 阪東 哲也, 兵庫教育大学研究紀要, 44,   2014年02月
  • 中学校技術科「プログラムによる計測・制御」の学習指導に関する実践研究の展望と課題, 萩嶺 直孝, 森山 潤, 学校教育学研究 = The Journal of school education : 兵庫教育大学学校教育研究センター紀要, 26,   2014年
  • 技術科「材料と加工に関する技術」の構想・設計学習におけるプラン形成のプロセス : 木材を主とした自由設計題材を用いた実践事例の検討, 森山 潤, 上之園 哲也, 中原 久志, 勝本 敦洋, 兵庫教育大学研究紀要, 43,   2013年09月
  • 小学校ものづくり科における児童の授業に対する感想文の分析 : 東京都大田区研究開発指定学校(2004~2006)における実践の事例検討, 森山 潤, 加藤 信博, 中原 久志, 上之園 哲也, 土井 康作, 兵庫教育大学研究紀要, 42,   2013年02月
  • 我が国の初等中等教育における情報教育のカリキュラム研究の課題と展望(1)情報教育の成立過程, 本村 猛能, 森山 潤, 群馬大学教科教育学研究, (13) 49 - 58,   2013年
  • 我が国の初等中等教育における情報教育のカリキュラム研究の課題と展望(2)情報教育におけるカリキュラム研究の流れ, 森山 潤, 本村 猛能, 群馬大学教科教育学研究, (13) 59 - 68,   2013年
  • 工業高校生の自己概念の変容・形成過程の縦断的事例検討 : 入学から卒業までのエスノグラフィーを通して, 島田 和典, 森山 潤, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 34, (2) 207 - 222,   2012年10月, 本研究の目的は、工業高校における生徒の自己概念の変容・形成過程を、エスノグラフィー(授業参与記録、教師へのインタビュー等)を通して縦断的に検討することである。S工業高校生181名の3年間の自己概念の形成状況を、「工業高校生の自己概念尺度」(筆者ら、2007)を用いて把握し、ライフイベントとの関連性を視野に、エスノグラフィーを基に具体的な事例を検討した。3年間の自己概念の変容を分類した結果、13年間を通して自己概念が適切に形成された状態の生徒群40名(31.2%)、2適切に形成されていない状態が続いた生徒群33名(25.8%)、3低学年時には自己概念が適切に形成されていたものが高学年時に水準が減衰した生徒群21名(16.4%)等となった。これらの傾向を示す生徒に対し、エスノグラフィーに基づく事例を検討した結果、自己概念の変容の見られた生徒は、学校適応状況や将来の自己像の変化がその契機となっており、これらの現象的な変化に対する教員の適時的なサポートの重要性が示された。######The purpose of this study is to explore the alteration of students'###self-concept in technical high school focusing on the ethnography from###entrance into school to graduation. We conducted a questionnaire###survey on 181 technical high school students throughout three years,###from 10th to 12th grade, as a longitudinal design study. We used the###"Scale of Self-concept in Technical High Schools (Shimada et al., 2007)".###As a result of the survey, we classified the students into 6 groups such as###"Students with a good self-concept situation throughout the three years###(31.2%)", "Students with a bad self-concept situation (25.8%)", "Students###whose self-concept showed a change towards a worse the situation in###higher school years (16.4%)". We analyzed the alteration of students'###self-concept based on the ethnography. As a result, we found that###students whose situation of "school adjustment" or whose "future###self-image" changed, also changed their self-concept. Therefore we###suggested that teachers should keep an eye out for these students'###situations and give timely support to the students.
  • 材料加工に対する経験や知識が省資源環境行動(3R)の形成に果たす役割 : 中学生を対象とした因果モデルの検討, 森山 潤, 馬 満都拉, 中原 久志, 兵庫教育大学研究紀要, 41,   2012年09月
  • 高校生の電子メールに対する意識と共感経験との関連性, 森山 潤, 川上 達大, 中原 久志, 兵庫教育大学研究紀要, 40,   2012年02月
  • 高校生の電子メールに対する利点・欠点認識がマナー意識の形成に及ぼす影響 : 携帯電話を用いたコミュニケーションに焦点を当てて, 森山 潤, 川上 達大, 中原 久志, 上之園 哲也, 萩嶺 直孝, 学校教育学研究, 24, (0) 81 - 89,   2012年
  • 技術科教育における生活応用力を育成する学習指導方法に関する研究課題の展望, 上之園 哲也, 森山 潤, 学校教育学研究, 24, (0) 127 - 136,   2012年
  • 技術科教育における場依存・独立型認知スタイルによる学習意欲の差異, 市原 靖士, 宮川 洋一, 島田 和典, 森山 潤, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 33, (1) 89 - 96,   2011年04月, 本研究の目的は、中学校技術・家庭科技術分野(技術料)において、学習者の場依存・独立型認知スタイルが学習意欲に及ぼす影響を検討することである。中学3年生計213名(有効回答179名)を対象に埋没図形テストを用いて学習者の認知スタイル測定を行った後、質問紙法によって学習意欲を把握し、両者の関連性を分析した。その結果、技術料における学習意欲は、場依存・独立型認知スタイルによって影響され、場独立型の学習者の方が場依存型の学習者よりも、「成就感・達成感への期待」「知的好奇心」「操作・活動への期待」を強く喚起されやすい傾向にあることが示された。また、認知スタイルによって「学習の意義理解」と「知的好奇心」の優位性が異なり、特に場依存型の学習者において「知的好奇心」の優位性が低くなる傾向が示された。これらの結果から、技術料における学習意欲を喚起するためには、体験的・実践的な学習活動を基礎としながらも、学習者の認知スタイルの違いに配慮した支援の方策が重要であることが示唆された。The purpose of this study is to examine the differences in the learning motivation by field-dependent and field-independent cognitive style in technology education. We have conducted a survey on 213 junior high school students (with 179 valid responses) by using "Embedded Figures Test" and "Scale of Students' Learning Motivation". As a result of the ANOVA, we have suggested that field-dependent and field-independent cognitive style has been influential in students' learning motivation. In particular, learning motivation of field-dependent learners was strong such as in " a sense of accomplishment expectation of fulfillment," "intellectual curiosity," "expectation of operational activities"). From these examinations, we have pointed out that assistance for students in necessary to consider specific strategies to increase learning motivation of field-dependent learners.
  • 体験的知財学習に関する技術科教員研修プログラムの開発, 村松 浩幸, 森山 潤, 信州大学教育学部研究論集, (4) 191 - 201,   2011年03月
  • 「情報とコンピュ-タ」における生徒の自己効力形成を支援する学習指導の展開 : 表計算ソフトの活用を事例として, 森山 潤, 加藤 靖志, 中原 久志, 上之園 哲也, 宮川 洋一, 兵庫教育大学教科教育学会紀要, (24) 17 - 25,   2011年03月
  • テキストマイニングを用いた高校生の電子メールに対する意識の分析, 森山 潤, 川上 達大, 上之園 哲也, 中原 久志, 兵庫教育大学研究紀要, 38,   2011年02月
  • 中学校技術科における照明器具の温度計測試験を通して安全性に対する意識を高める授業の実践, 上之園 哲也, 勝本 敦洋, 中原 久志, 森山 潤, 小山 英樹, 学校教育学研究, 23,   2011年
  • 工業高校における生徒の自己概念研究の展望と課題, 島田 和典, 森山 潤, 鳥取大学教育研究論集, (1) 59 - 81,   2011年
  • 不登校児童生徒向けのマルチメディア型プレゼンテーション支援ソフトの開発と実践, 中原 久志, 塚本 光夫, 森山 潤, 熊本大学教育学部紀要. 自然科学, 59,   2010年12月03日, 本研究では、適応指導教室等で活用可能な、不登校の児童生徒向けの学習ソフトの開発を行う。開発する学習ソフトは、適応指導教室の指導員の負担にならない形式とすること、そして個々の児童生徒に対応できる内容であることを考慮した上で、適応指導教室の指導員を対象としたニーズ調査に基づいて仕様を策定することにした。The purpose of this paper is to develop a multimedia presentation software for non-attendant students and to evaluate it by practicing learning activity. Recently, treatment of non-attendant students in school education is one of the serious issues in Japan. Teachers should support them from these aspects: support of learning, support of promoting social skills and support of mental health. As one of these, there is ICT utilization in classroom for non-attendant students. Therefore, multimedia presentation software was developed in order to support them from the above three aspects. This software has three functions, i.e. image presentation section, movie presentation section and text presentation section, based on blackboard system. Usage of this software was designed based on the cognitive characteristics of non-attendant students. As a result of trial practice by using this software, non-attendant students who took part in this activity could use this software without any difficulties. And, they could not only make presentation by this software, but also communicate naturally with their friends and instructors. In addition, the instructors gave affirmative evaluation to the software and proposed new some ideas of utilization of it.
  • 中学校技術科「情報とコンピュータ」における生徒の自己効力の構造と形成要因, 森山 潤, 加藤 靖志, 宮川 洋一, 上之園 哲也, 兵庫教育大学研究紀要, 37,   2010年09月
  • 技術・家庭科技術分野「情報とコンピュータ」における学習者の熟慮・衝動型認知スタイルを考慮したディジタルコンテンツ活用方略の検討, 市原 靖士, 島田 和典, 上之園 哲也, 森山 潤, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 32, (1) 139 - 149,   2010年04月, 本研究の目的は、中学校技術科「情報とコンピュータ」の学習指導において熟慮・衝動型認知スタイルを考慮したディジタルコンテンツの活用方略を実践的に検討することである。筆者らはこれまで、ディジタルコンテンツ活用と学習者の熟慮・衝動型認知スタイルとの関連性を検討し、衝動型の学習者では、マルチメディア性の強い教材において学習内容の理解が促進されやすい半面、熟慮型の男子はマルチメディア性の強い教材では学びにくさを感じやすい傾向にあることを指摘した(市原ら2009)。そこで本研究では、衝動型認知スタイルによるこれらの差異を解消するために、学習中にモニターに提示されるマルチメディアコンテンツを任意のタイミングで自由に画像キャプチャーさせる手立てを用いた。その結果、認知スタイルとストラテジー有無群間で交互作用が有位傾向を示し、少なくとも熟慮型の男子においては本実践の手立てによってマルチメディア性の強い教材を利用した場合の学びにくさを解消することができた。The purpose of this paper is to examine instructional strategy for digital contents use in technology education by consideration of students' reflection-impulsivity cognitive style. We have already suggested that there were differences between reflectional students and impulsive students in the case of learning with digital contents(Ichihara et.al 2009). Impulsive students' understanding of learning contents is more easily promoted with multimedia digital contents. On the other hands, we pointed out that reflectional students felt difficulty in learning by multimedia digital contents. Consequently, in this paper, in order to resolve these differences in students' reflection-impulsivity cognitive style, we can let students capture freely the content of learning from contents shown by a monitor of learning strategy.######As a result of experimental practice, we learned that the difference in understanding between reflectional students and impulsive students in learning with multimedia digital contents had disappeared using this strategy
  • 中学校技術科における生徒の立体描画能力の形成を支援する製図学習の検討--立体認識能力の差異に着目して, 三浦 吉信, 上之園 哲也, 島田 和典, 森山 潤, 兵庫教育大学教科教育学会紀要, (23) 17 - 24,   2010年03月
  • 技術科「情報とコンピュータ」における学習の有用性と指導の困難性に対する教師の意識, 森山 潤, 青木 淑香, 上之園 哲也, 島田 和典, 兵庫教育大学研究紀要, 36,   2010年02月
  • 技術科教育における学習者の認知的実態に即したディジタルコンテンツの教材利用に関する研究課題の展望, 市原 靖士, 上之園 哲也, 森山 潤, 学校教育学研究, 22,   2010年
  • 工業高校の3D-CAD実習における生徒の課題意識の推移--「スキル」と「センス」の相互作用, 逸見 正, 森山 潤, 黒岩 督, 学校教育学研究, 22,   2010年
  • Visual Basicを活用したプログラミング学習における生徒の問題解決を支援するオンライン教材の効果, 宮川 洋一, 森山 潤, 岩手大学教育学部研究年報, 70,   2010年
  • 「技術とものづくり」の製作学習における生徒の作品に対する愛着の形成と情意的影響, 森山 潤, 間宮 和寿, 市原 靖士, 黒岩 督, 兵庫教育大学研究紀要, 35,   2009年09月
  • 創造性モデルに基づく技術科教育における知的財産学習の方向性, 村松 浩幸, 森山 潤, 信州大学教育学部研究論集, (1) 29 - 39,   2009年07月
  • 学習コミュニケーションの双方性に対する意識を高める授業実践の試み--高等学校選択国語科における「質問」についての学習, 森山 潤, 永田 智子, 福田 成樹, 兵庫教育大学教科教育学会紀要, (22) 1 - 6,   2009年03月
  • 工業高校の数学におけるICT活用に対する生徒のニーズ, 中崎 一郎, 市原 靖士, 森山 潤, 兵庫教育大学教科教育学会紀要, (22) 7 - 12,   2009年03月
  • 義務教育段階における情報モラル教育に関する研究の動向と展望--CiNii論文情報ナビゲータを活用した学術研究の動向把握を通して, 宮川 洋一, 福本 徹, 森山 潤, MIYAGAWA Yoichi, FUKUMOTO Toru, MORIYAMA Jun, 岩手大学教育学部研究年報, 69,   2009年, 近年,「青少年が利用する学校非公式サイト(匿名掲示板)等」,いわゆる「学校裏サイト」の存在が話題となっている.平成20年4月に公表された文部科学省スポーツ・青少年局青少年課による調査(2008)では,このようなサイト・スレッド数は38,260件に上ることが明らかとなった.また,抽出調査した書き込みの2,000件の内,「キモイ」「ウザイ」の誹謗・中傷の32語が含まれるものが50%,性器の俗称などわいせつな12語が含まれるものが37%,「死ね」,「消えろ」,「殺す」など暴力を誘発する20語が含まれるものが27% になることが確認された.高度情報社会の影に対する教育の必要性は,多くの研究者が述べているが,社会問題化している学校における「いじめ問題」とインターネットをはじめとする情報通信環境の普及が絡み合い,情報モラル教育は新たな段階をむかえている.これまでも,義務教育諸学校では,情報モラル教育,メディアリテラシー教育などを通して,高度情報社会の影の部分を指導するとともに,教育活動全体で推進する道徳(道徳の時間も含む)などを通して,基本的な生活習慣や人間としてしてはならないことなど,社会生活を送る上で人間としてもつべき最低限の規範意識,自他の生命の尊重,自分への信頼感や自信などの自尊感情や他者への思いやりなどの道徳性を養う指導を継続している.しかし,児童・生徒を取り巻く環境は急速に変化しており,携帯電話に代表されるネット端末の普及は「学校裏サイト」などへの関わりの温床となっていることが,容易に想像できる.これまで以上に,高度情報社会の影に対する学校教育のあり方,言い換えれば,学校における情報モラル教育の重要性が増してきたといえる.特に,義務教育では,学習指導要領改訂の時期となり,これまでの研究を整理し,今後の課題を明確にしておくことは,意義あることと考えられる.一般に,義務教育では,児童・生徒の実態把握→カリキュラムの立案→教材の選定または開発→授業実践及び評価という一連の手順を経て,教育実践がなされる.この観点から先行研究を整理しておくことは,学校現場の教員にとって,有意義なものになると考えられる.これまで,情報モラル教育,情報倫理教育に関する研究を整理したものでは,阿濱(2004)が,高等機関における情報倫理教育,初等中等教育における情報倫理教育という区分で先行研究を概観している.そして,これらの先行研究で取り上げられてきた学習すべき内容を整理し,カテゴリ分けをしている.義務教育における研究の概観もなされているが,既述した四つの観点において,先行研究を整理したものではなく,情報モラル教育,情報倫理教育に関する研究を,既述した四つの観点から整理したものは,管見の限り見あたらない.そこで,本研究では,情報モラル,情報倫理に関する教育の先行研究について,特に義務教育段階に焦点を当てて,児童・生徒の実態把握,カリキュラム,教材開発,授業実践及び評価のカテゴリを設定して整理をした上で,今後の研究を展望することにした.なお,西・本郷(2005)よれば,情報モラルについては,「情報倫理意識に基づき,個人の自主的な判断,自己の内的規制ないしは自己統制による,個人の行動や態度」と捉え,情報倫理は,「情報社会における人間のあり方にかかわる問題として,人間社会としての共同体を存続させるための道理あるいは社会規範」と捉えている.一方,越智(2000)は,情報モラルについて,「情報モラルという標語とともに言及されていることがらは,すべてこれまで『情報倫理』という言葉で問題とされてきたものばかりである.」とした上で,「情報モラルが,発達段階を考慮して造語された初等中等教育向け情報倫理だと見なすのが自然である」と指摘する.これらの用語には,いくつかの捉え方があることを踏まえつつ,本研究では,基本的に以後「情報モラル」で括り,使用することにする.
  • ICレコーダを用いたメタ認知的支援による対話能力の育成--小学校5年生国語科「インタビュー名人になろう」の実践事例, 横山 善彦, 森山 潤, 梅田 規誉, 堀尾 智, 学校教育学研究, 21,   2009年
  • 教員の研修ニーズと大学の役割, 竺沙 知章, 秋光 恵子, 森山 潤, 渥美 茂明, 井澤 信三, 渡邊 隆信, 佐藤 哲也, 兵庫教育大学研究紀要, 33,   2008年09月
  • インターネット使用に対する高校生の加害的意識, 森山 潤, 鬼藤 明仁, 高田 美那子, 兵庫教育大学研究紀要, 33,   2008年09月
  • ポリテクカレッジにおいて学生が感じる高校在籍時の学習に対する有用性:港湾短期大学校の事例, 福地 泰尚, 森山 潤, 松浦 正史, 兵庫教育大学教科教育学会紀要, (21) 20 - 25,   2008年03月
  • インターネット被害に対する高校生の不安 : メディアの利用状況との関連性に焦点をあてて, 森山 潤, 鬼藤 明仁, 高田 美那子, 宮川 洋一, 松浦 正史, 兵庫教育大学研究紀要 : 学校教育・幼年教育・教育臨床・障害児教育・言語系教育・社会系教育・自然系教育・芸術系教育・生活・健康系教育・総合学習系教育, 32,   2008年02月
  • インターネット被害に対する高校生の不安--メディアの利用状況との関連性に焦点をあてて, 森山 潤, 鬼藤 明仁, 高田 美那子, 兵庫教育大学研究紀要, 32,   2008年02月
  • 小学校における情報教育の学習経験が情報活用の実践力及びメディア操作スキルに及ぼす影響, 市原 靖士, 森山 潤, 松浦 正史, 学校教育学研究, 20,   2008年
  • 「情報の科学的な理解」を問題解決的に育成するプログラミング教育の展望と課題--中学校技術科における実践研究の動向把握を通して, 宮川 洋一, 森山 潤, 松浦 正史, 学校教育学研究, 20,   2008年
  • 「技術とものづくり」の学習における生徒の作品に対する愛着の形成要因--自由記述調査による探索的検討, 森山 潤, 間宮 和寿, 鬼藤 明仁, 松浦 正史, 黒岩 督, 兵庫教育大学研究紀要, 31,   2007年09月
  • 中学生における「情報社会に参画する態度」の形成度と情報関連機器の所有及び利用実態との関連, 宮川 洋一, 森山 潤, 西 正明, 信州大学教育学部紀要, 119,   2007年03月15日
  • 中学校技術科における学習モジュール導入の試み, 松浦 正史, 森本 浩伸, 森山 潤, 兵庫教育大学教科教育学会紀要, (20) 30 - 36,   2007年03月
  • 中学校技術科の木材加工における製作題材の設計自由度と学習動機及び学習反応との関連性, 森山 潤, 宮川 洋一, 松浦 正史, 兵庫教育大学研究紀要, 30,   2007年02月
  • ビジュアルプログラミングの学習を支援するWebコンテンツの開発--プログラム作成時の問題解決過程に果たす役割に焦点を当てて, 宮川 洋一, 森山 潤, 松浦 正史, 学校教育学研究, 19,   2007年
  • 自己とコンピュータとの関係性が高校教科「情報」に対する意識に及ぼす影響--中学生の興味と将来展望に焦点をあてて, 森山 潤, 岩倉 鮎美, 鬼藤 明仁, 松浦 正史, 学校教育学研究, 19,   2007年
  • 「情報とコンピュータ」におけるWebページ制作実習を支援する教育用HTML編集ツールの開発と評価, 宮川 洋一, 森山 潤, 教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, 7,   2006年09月30日, A tool named "HTML_EDITOR_Plus(HEPlus)" was developed in order to support student's making of Web pages in the "Information and Computer" class. This software included an input tool bar, the preview function and the error check function. Evaluation on the practicality of this software was carried out on 2nd grade students in junior high school. As a result of using this software, the achievement rate was improved and the time for task completion was decreased. Also, students who intended to be more creative in the activity thought this software useful. These results suggested that HEP1us was effective as a learning support tool for making web pages in Technology Education.
  • 情報モラルの学習指導に対する中学生のレディネスの検討 : 測定尺度の再編に基づく実態把握の試み, 宮川 洋一, 森山 潤, 角 和博, 佐賀大学文化教育学部研究論文集, 11, (1) 145 - 154,   2006年09月
  • 高校教科「情報」に対する中学生の意識: 中学校技術科「情報とコンピュータ」に対する意識との関連性に焦点をあてて, 森山 潤, 岩倉 鮎美, 鬼藤 明仁, 宮川 洋一, 松浦 正史, 兵庫教育大学教科教育学会紀要, (19) 25 - 30,   2006年03月
  • ものづくりの学習への動機づけに関する研究の展望--学習の有効性認知に着目して, 鬼藤 明仁, 森山 潤, 松浦 正史, 学校教育学研究, 18,   2006年
  • 技術科教育の問題解決的な学習における教師の支援方略の枠組み : 実態調査に基づく尺度項目の作成(教科教育), 森山 潤, 佐藤 祐輔, 宮川 洋一, 西 正明, 信州大学教育学部紀要, 116,   2005年12月15日
  • 中学校における校内LANを活用した生徒理解支援データベースシステムの開発と試験的運用 : 指導要録における「生徒の行動状況」の観察に焦点を当てて(審査付), 宮川 洋一, 森山 潤, 教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, 6,   2005年09月30日, The network database system named "Seito Plus!" was developed in order to understand the students' school life. This database utilized the local area network in the junior high school. Teachers can register and share the information of student behaviors based on the categories that were defined in "Record of Behavior" of the cumulative guidance record by using this system. As a result of test-use for six weeks, 257 units of data were registered by 12 teachers. 22.7% of the data registered was in category D:"sense of responsibility". However, data entered for category G:"respect of life and protection of nature" were only 0.4%. These results suggested that there were differences in teachers' purposes for observation and that teachers could not only share information on students behaviors but also reflect their on own purposes for making observation by using this system.
  • 8I6-11 中学校数学科,理科,技術科カリキユラムのモデリングに関する局所的な統合(科学教育各論), 宮崎 樹夫, 榊原 保志, 鈴木 次雄, 森山 潤, 日本科学教育学会年会論文集, 28, (0) 583 - 584,   2004年, 本研究は,モデリングに関する中学校理系教科の関係を知識・技能と認識論レベルで考察した。その結果,モデリングに関するカリキユラムの局所的な統合において,異質なモデリング概念の生産的・発展的な関係(モデリングの認識論的相補性)の理解をカリキユラムの目的として設定する必要があることがわかった。
  • 「情報とコンピュータ」における題材としてのデジタルポートフォリオ制作の展開, 森山 潤, 相澤 光俊, 矢代 祐介, 山浦 貞一, 宮川 洋一, 教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, 4,   2003年09月30日, The purpose of this study was to examine the effectiveness of making digital portfolio as a learning activity of Contents B: "Information and Computer" in Technology Education. Thirty-eight first-year junior high school students made their own digital portfolios that reported their activities (wood working activities in Contents A: "Technology and Manufacturing") using HTML. The results of the implementation were as follows: (1) Making digital portfolios promoted students' self-awareness of skill-acquisitions, troubleshooting and project managements in technological activities. (2) Students' abilities of "judgment of information, " "creation of information" and "ethics of information" were developed in the processes of making digital portfolios. (3) Students' self-monitoring of technological activities in the process of making digital portfolios promoted students to make other digital portfolios concomitantly. These results suggested that this activity was effective for not only developing the ability to utilize information but also creating a connection curriculum between Contents B and A in the Technology Education Curriculum.
  • 米国における数学・理科・技術科の統合学習IMaSTの学習モジュール「食料生産」の教育内容の構成, 森山 潤, 高井 久, 角 和博, 信州大学教育学部紀要, 108,   2003年03月20日
  • 2002年度からの新教育課程に対応した技術・家庭科におけるカリキュラム構成の概念的枠組み, 森山 潤, 本田 房子, 杵渕 恭宏, 三溝 清洋, 竜野 正英, 信州大学教育学部教育実践研究指導センター紀要, 7,   1999年05月
  • 初心者のプログラミングにおける作業スタイルと思考過程との関連, 森山 潤, 桐田 襄一, 京都教育大学教育実践研究年報, (15) 159 - 171,   1999年03月
  • 7.植物を栽培した圃場及び鉢における地温の測定, 梁川 正, 嶋谷 円, 前川 紘一郎, 森山 潤, 京都教育大学環境教育研究年報, 6,   1998年03月31日, 植物を栽培する際の重要な環境要因である地温について検討するために,京都教育大学附属環境教育実践センターにおいて,植物を栽培した圃場と植物を栽培していない裸地ならびに種々の鉢内における地温の継続的な測定を行っ。圃場では夏半期と冬半期,栽培地と裸地とで,地表面と地中の温度変化のパターンが明確に異なることがわかった。鉢における地温の測定では,本実験の期間内には測定箇所の鉢内設置方位による違いや植物の有無による大きな温度較差は認められなかった。本実験で用いた小型温度計測器による地中温度の解析例などは,いろいろな栽培環境に容易に適用できるため,実験教材としても有効に利用できる。
  • 子どものプログラミングにおける思考研究の展望と課題--技術科教育研究の視点から, 森山 潤, 京都教育大学教育実践研究年報, (14) 183 - 197,   1998年03月
  • 課題解決学習における学習反応の分析 : 技術・家庭科「電気」領域の学習指導を例として, 桐田 襄一, 森山 潤, 京都教育大學紀要. B, 自然科学, 91,   1997年09月
  • 10.中学生の栽培に関する既有概念の形態と特性の分析, 森山 潤, 桐田 襄一, 梁川 正, 京都教育大学環境教育研究年報, 5,   1997年03月31日, 栽培の概念は,一般に「耕地を利用して作物を育て,収穫をあげるために行われるすべての手段」と理解されている。しかし,中学生が抱く既有の栽培に関する概念の心理学的な特性は,この定義的な概念規定に必ずしも一致するものではない。そこで,本研究では,栽培領域導入時にあたる中学校1年生119名を対象に,栽培を刺激語とする言語連想による反応語を調査し,中学生の抱く栽培についての既有概念の形態と特性を因子分析によって検討した。その結果,栽培に関する既有概念を構成する因子として「観察的イメージ」,「経験的イメージ」,「生産手段的イメージ」,「社会科学的イメージ」の4因子を抽出した。これらの因子の解釈から,中学生にとっての栽培の概念が,定義的特性理論に基づく概念観よりも,プロトタイプ理論に基づく概念観によく符合することが示された。また,反応語の出現頻度から各反応語の典型性を比較したところ,各因子のプロトタイプを表象するキーワードは,「空気」,「植物の具体名」,「水・土」,「植物・人間」等であると示唆された。栽培領域の学習では,中学生にとって典型性の高いこれらのキーワードを中心に栽培に関連する知識を構造化し,概念形成を図る必要があると思われる。
  • 技術的な課題解決と態度形成を重視した学習指導方法と授業設計--トランジスタを用いた導通チェッカ-を製作題材として, 森山 潤, 桐田 襄一, 喜田 憲恵, 京都教育大学教育実践研究年報, (13) 153 - 165,   1997年03月
  • 技術科教育における安全に対する実践的能力の形成--「電気」領域における実態調査を通して, 森山 潤, 桐田 襄一, 寺町 幸治, 京都教育大学教育実践研究年報, (13) 167 - 179,   1997年03月
  • 技術科教育における技術の多面性に基づく学習内容のカテゴリ-分析, 森山 潤, 足立 明久, 桐田 襄一, 京都教育大学教育実践研究年報, (12) 91 - 102,   1996年03月
  • 初心者のプログラミングにおける思考過程の自覚程度を測定するための尺度項目の作成, 森山 潤, 足立 明久, 桐田 襄一, 京都教育大学教育実践研究年報, (12) 103 - 119,   1996年03月
  • 技術科教育における教育実習生の教授行動の検討(1)子どもの技術的活動に焦点をあてた授業分析の枠組み, 桐田 襄一, 森山 潤, 京都教育大学教育実践研究年報, (12) 121 - 136,   1996年03月
  • 初学者のプログラミングにおける思考過程の自覚程度を測定するための尺度項目の作成, 森山潤, 京都教育大学教育実践研究年報, 12,   1996年
  • 技術科教育における基礎・基本の検討--「木材加工」領域学習の場合, 桐田 襄一, 森山 潤, 京都教育大学教育実践研究年報, (11) p1 - 19,   1995年03月
  • 技術科教育における生徒の学習意欲の分析に基づく授業改善の試み--中学校技術・家庭科「金属加工」領域の場合, 森山 潤, 京都教育大学教育実践研究年報, (11) p229 - 243,   1995年03月
  • コンピュ-タ学習の指導手順に関する一考察--技術・家庭科「情報基礎」領域を中心として, 桐田 襄一, 森山 潤, 京都教育大学教育実践研究年報, (10) p225 - 239,   1994年03月

書籍等出版物

  • 学習者の思考力を高めるプログラミング教育の学習支援, 宮川 洋一, 森山 潤, 風間書房,   2016年, ISBN:9784759921205
  • イノベーション力育成を図る中学校技術科の授業デザイン : 子どもが小さなエンジニアになる教室, 森山 潤, 菊地 章, 山崎 貞登, 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科共同研究プロジェクト(P)研究グループ, ジアース教育新社,   2016年, ISBN:9784863713574
  • イノベーション力を育成する技術・情報教育の展望, 森山 潤, 菊地 章, 山崎 貞登, 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科共同研究プロジェクト(P)研究グループ, ジアース教育新社,   2016年, ISBN:9784863713567
  • 工業高校における生徒の自己概念の形成と影響, 島田 和典, 森山 潤, 風間書房,   2013年, ISBN:9784759919653
  • iPadで拓く学びのイノベーション : タブレット端末ではじめるICT授業活用, 森山 潤, 山本 利一, 中村 隆敏, 永田 智子, 高陵社書店,   2013年, ISBN:9784771110038
  • 情報科教育法, 本村 猛能, 角 和博, 山本 利一, 本郷 健, 森山 潤, 中村 隆敏, 工藤 雄司, 学術図書出版社,   2010年, ISBN:9784780602104
  • 人間力を高める情報教育 : 高度情報通信社会における : 情報・メディア・コミュニケーション, 本村 猛能, 山本 利一, 森山 潤, 角 和博, 工藤 雄司, 学術図書出版社,   2007年, ISBN:9784780600407
  • 情報科教育法, 本村 猛能, 角 和博, 森山 潤, 本郷 健, 内桶 誠二, 工藤 雄司, 山下 利秀, 中村 隆敏, 学術図書出版社,   2003年, ISBN:4873615992
  • プログラム作成における思考過程の構造分析 : 認知的方略の獲得を支援する学習指導の改善, 森山 潤, 風間書房,   2003年, ISBN:4759914056
  • 情報学 : 情報科学・認知・コミュニケーション, 本村 猛能, 内桶 誠二, 森山 潤, 松田 昇一, 角 和博, 学術図書出版社,   2000年, ISBN:4873615763

講演・口頭発表等

  • Self efficacy and learning experience of information education in case of junior high school, (共著), AI & Society,   2009年
  • 情報とコンピュータ」の学習において生徒に形成される有用感の構造, (共著), 日本産業技術教育学会誌,   2008年
  • 技術科教育における題材としてのロボットコンテストに対する担当教員の意識, (共著), 日本教科教育学会誌,   2007年
  • 工業高校の「課題研究」における製作活動が生徒の自己概念形成に及ぼす影響, (共著), 日本産業技術教育学会誌,   2007年
  • 中学生のコンピュータ使用経験が高校教科「情報」に対する意識に及ぼす影響, (共著), 日本教育工学会論文誌,   2006年
  • 技術科教育におけるディジタルコンテンツに対する教材評価尺度の構成と設計方略の検討, (共著), 日本産業技術教育学会誌,   2005年

受賞

  •   1997年08月, 日本産業技術教育学会奨励賞

競争的資金

  • 技術リテラシーの育成を図る教育実践を支援する拠点形成とネットワーク化

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 教員のための情報処理演習(基礎・応用), 兵庫教育大学
  • 学校問題の発見・探求過程, 兵庫教育大学
  • 技術科教材論, 兵庫教育大学
  • 技術科教材論演習, 兵庫教育大学
  • 情報処理論実習, 兵庫教育大学
  • 技術とものづくり, 兵庫教育大学
  • 情報処理基礎演習, 兵庫教育大学
  • 実地教育Ⅵ(情報メディア実習), 兵庫教育大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 社会貢献活動
  • 社会貢献活動
  • 社会貢献活動

所属委員会・審議会(国・地方自治体)