詳細検索はこちら

大嶋 浩オオシマ ヒロシ

所属部署言語系教科マネジメントコース
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/05/18

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:研究に関しては、19世紀の英文学、特にジョージ・エリオットの作品の研究および文献書誌の調査・研究を進めていきたいと考えている。教育に関しては、異文化理解の涵養をはかる一助としての文学教材の活用をテーマに取り上げ、試験的に取り組んでいきたいと考えている。

学歴

  •  - 1980年03月, 広島大学, 大学院文学研究科
  •  - 1984年03月, 広島大学, 大学院文学研究科
  •  - 1978年03月, 広島大学, 文学部
  •  - 1980年03月, 広島大学

学位

  • 修士(文学)

所属学協会

  • 日本英文学会
  • 日本英文学会中国四国支部
  • George Eliot Fellowship
  • 日本ハーディ協会
  • 日本ブロンテ協会
  • 日本ジョージ・エリオット協会

委員歴

  •   1997年, 日本ジョージ・エリオット協会, 運営委員

経歴

  •   1982年10月 - 1983年03月, 広島経済大学 非常勤講師
  •   1984年04月, 園田学園女子大学文学部 講師
  •   1988年04月, 園田学園女子大学文学部 助教授
  •   1989年09月, 兵庫教育大学学校教育学部 講師
  •   1992年04月, 兵庫教育大学学校教育学部 助教授
  •   2001年04月, 兵庫教育大学学校教育学部 教授
  •   2005年04月, 兵庫教育大学大学院学校教育研究科 教授

研究活動情報

研究分野

  • 文学, 英米・英語圏文学, 英文学

研究キーワード

    英文学

論文

  • マライア・エッジワース.『ラックレント城』, (共訳),   2001年
  • 「嬰児殺し:ジョージ・エリオット『アダム・ビード』」, 大嶋浩, 『ヴィクトリア朝小説と犯罪』,   2002年
  • 「ジョージ・エリオットがギャスケルに負うもの」, 大嶋浩, 『ギャスケル小説の旅』,   2002年
  • 「フィンセント・ファン・ゴッホとジョージ・エリオット」, 大嶋浩, 『英語英米文学の視座:上山泰教授喜寿記念論文集』,   2005年
  • 「“Woman in France: Madame de Sablè”と“Margaret Fuller and Mary Wollstonecraft”: George Eliotの女性教育論と人間観」, 大嶋浩, 『日本ジョージ・エリオット研究』, (第8号) ,   2006年
  • 『ギャスケル全集別巻1:短編・ノンフィクション』, (共訳),   2008年
  • 『日本におけるジョージ・エリオット書誌』, (共編),   2008年

MISC

  • Romolaに付与された二つのMadonna像の意味するものについて, 英文学研究, 64,   1988年
  • "Brother Jacob"における道化的世界, 言語表現研究, 7,   1991年
  • "Brother Jacob"における寓話的世界, 兵庫教育大学研究紀要, 11,   1991年
  • Adam Bede試論, 18,   1981年
  • Romola試論:Antigoneの苦悩, 園田学園女子大学論文集, 21
  • 『ロモラ』における"Visible Madonna":その社会的一考察, 松元寛先生退官記念 英米文学語学研究 (英宝社),   1987年
  • 「ジャネットの悔悟」論, 20,   1983年
  • 『サイラス・マーナー』における二つの倫理観, 22,   1983年
  • "Her Death and After"試論, 兵庫教育大学研究紀要, 12,   1992年
  • "The Alarm"考, 言語表現研究, 8,   1992年
  • Hard Timesに関する覚書:知性と感性の調和, 園田学園女子大学論文集, 22,   1988年
  • Mrs.Dalloway試論:生と死のはざまで, 園田学園女子論文集, 19,   1985年
  • The Lifted Veil試論:陰画としてのLatimer, 河井迪男先生退官記念 英語英文学研究 (英宝社), 347-354,   1993年
  • 相対化を超えて:The Black Prince論, 兵庫教育大学研究紀要, 13,79-91,   1993年
  • 成功文学としてのAdam Bede, 兵庫教育大学研究紀要, 15, 61-68,   1995年
  • "Brother Jacob"の現実的世界に関する覚書, 兵庫教育大学研究紀要, 16, 51-63,   1996年
  • Adam Bedeの第15章:特にD,L.Higdonの分析に関連して, 言語表現研究, 12,19-28,   1996年
  • George Eliotのリアリズム論とAdam Bede, 兵庫教育大学研究紀要, 17, (第2分冊) 25 - 37
  • Adam Bedeと「現実的寓意」, 言語表現研究, 13, 1-12
  • ドン・キホーテから「悲しみの聖母」へ:『ミドルマーチ』におけるドロシアの物語, 英語・英米文学の光と陰(京都修学社),   1998年
  • "Brother Jacob"論:その再評価の試み(1), 兵庫教育大学研究紀要, 10, 111-121,   1990年
  • The Mill on the FlossにおけるTom Tulliverと自己変革, 兵庫教育大学研究紀要, 18, 23-37,   1998年
  • 『アダム・ビード』論:二人のマリア, ヴィクトリア朝の小説(英宝社),   1999年
  • 『サイウス・マーナー』論:人生の諸段階, ジョージ・エリオットの時空(北星堂),   1999年
  • Silas Marner論:Southey的ユートピアとGeorge Eliotの二重意識, ジョージ・エリオット研究, 1, 19-33,   1999年
  • 日本におけるマライア・エッジワース文献書誌, 兵庫教育大学研究 紀要, 21, 37-51,   2001年
  • "Whillaluh" in Castle Rockrent: A Misquotation and Growing Transcription Errors, Notes and Queries, 246(2), 119,   2001年
  • Geoge Eliot の3編の詩と宗教, 兵庫教育大学研究紀要, 22(2), 31-46,   2002年
  • 嬰児殺し:ジョージ・エリオット『アダム・ビード』, ヴィクトリア朝小説と犯罪 (音羽書房 鶴見書店), 169-238,   2002年
  • ジョージ・エリオットがギャスケルに負うもの, ギャスケル小説の旅(鳳書房), 115-138,   2002年

書籍等出版物

  • マライア・エッジワース.『ラックレント城』, (共訳), 開文社,   2001年
  • 「嬰児殺し:ジョージ・エリオット『アダム・ビード』」, 大嶋浩, 音羽書房鶴見書店,   2002年
  • 「ジョージ・エリオットがギャスケルに負うもの」, 大嶋浩, 鳳書房,   2002年
  • 「フィンセント・ファン・ゴッホとジョージ・エリオット」, 大嶋浩, 大阪教育図書,   2005年
  • 「“Woman in France: Madame de Sablè”と“Margaret Fuller and Mary Wollstonecraft”: George Eliotの女性教育論と人間観」, 大嶋浩, 日本ジョージ・エリオット協会,   2006年
  • 『ギャスケル全集別巻1:短編・ノンフィクション』, (共訳), 大阪教育図書,   2008年
  • 『日本におけるジョージ・エリオット書誌』, (共編), 大阪教育図書,   2008年

講演・口頭発表等

  • 『ギャスケル全集別巻1:短編・ノンフィクション』, (共訳),   2008年, 大阪教育図書
  • 『日本におけるジョージ・エリオット書誌』, (共編),   2008年, 大阪教育図書
  • 「“Woman in France: Madame de Sablè”と“Margaret Fuller and Mary Wollstonecraft”: George Eliotの女性教育論と人間観」, 大嶋浩, 『日本ジョージ・エリオット研究』,   2006年, 日本ジョージ・エリオット協会
  • 「フィンセント・ファン・ゴッホとジョージ・エリオット」, 大嶋浩, 『英語英米文学の視座:上山泰教授喜寿記念論文集』,   2005年, 大阪教育図書
  • 「嬰児殺し:ジョージ・エリオット『アダム・ビード』」, 大嶋浩, 『ヴィクトリア朝小説と犯罪』,   2002年, 音羽書房鶴見書店
  • 「ジョージ・エリオットがギャスケルに負うもの」, 大嶋浩, 『ギャスケル小説の旅』,   2002年, 鳳書房
  • マライア・エッジワース.『ラックレント城』, (共訳),   2001年, 開文社

受賞

  •   1987年09月, 日本英文学会第10回新人賞佳作入選

競争的資金

  • 不純物混和の文化史的研究

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 英米文学表現論, 兵庫教育大学
  • イギリス文化論, 兵庫教育大学
  • 英米文学概論, 兵庫教育大学
  • 英米文学研究1, 兵庫教育大学
  • 英語コミュニケーション, 兵庫教育大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 社会貢献活動, 平成19年度英語教員集中研修,   2006年08月08日 - 2006年08月08日
  • 社会貢献活動, 英文学入門