詳細検索はこちら

池田 匡史イケダ マサフミ

所属部署言語系教科マネジメントコース
職名助教
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/05/18

研究者基本情報

学歴

  • 2014年04月 - 2017年03月, 広島大学大学院, 教育学研究科, 文化教育開発専攻 博士課程後期
  • 2012年04月 - 2014年03月, 広島大学大学院, 教育学研究科, 言語文化教育学専攻博士課程前期
  • 2008年04月 - 2012年03月, 広島大学, 教育学部, 第三類(言語文化教育系)国語文化系コース

学位

  • 博士(教育学), 広島大学

所属学協会

  • 広島大学国語教育会
  • 中国四国教育学会
  • 日本読書学会
  • 日本教科教育学会
  • 日本国語教育学会
  • 全国大学国語教育学会

経歴

  •   2018年02月 - 現在, 兵庫教育大学, 大学院学校教育研究科, 助教

研究活動情報

研究分野

  • 教育学, 教科教育学, 国語教育学

研究キーワード

    単元学習, 教科教育, 国語教育史, 国語科教育

論文

  • 小学校国語科における主題単元学習論の展開 : 読書指導論との関連を中心に, 池田 匡史, 読書科学 = The Science of reading, 読書科学 = The Science of reading, 58, (4) 171 - 184,   2017年01月
  • 国語科教育における「主題単元・主題単元学習」の史的検討, 池田 匡史, 日本教科教育学会誌 = The bulletin of Japanese curriculum research and development, 日本教科教育学会誌 = The bulletin of Japanese curriculum research and development, 39, (4) 33 - 44,   2017年
  • 昭和30年代の単元学習思潮の様相――中沢政雄の機能的国語教育論から――, 池田 匡史, 国語科教育, 国語科教育, 82, (0) 15 - 23,   2017年
  • 戦後国語科における単元学習の分類に関する一考察―「主題単元」の位置を中心に―, 池田 匡史, 国語科教育, 80, 63 - 70,   2016年
  • 輿水実の単元学習論における「主題単元」概念の成立, 池田 匡史, 国語科教育, 国語科教育, 79, (0) 15 - 22,   2016年
  • 戦後国語科における単元学習の展開に関する研究―主題単元学習の展開と可能性―, 池田 匡史, 広島大学大学院

MISC

  • 俳句創作指導における方法論に関する一考察―大学生による創作活動から見る「打越マトリクス」の可能性―, 池田 匡史, 田中宏幸先生御退官記念論文集~田中宏幸先生にまなびて~,   2017年08月
  • 戦後初期単元学習論と文学教育 : 国語科における主題単元的発想の醸成, 池田 匡史, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域, (65) 109 - 117,   2016年, In this paper, I considered how literary education entered to unit learning theory in early post-war. In general, it was thought the unit learning does not intersect with the literary education in those days. Because, the people who advocated the literary education were criticized the unit learning theory. But, there was a movement tried though them by the following ways: 1) To extend the meaning of language experiences; 2) To regard as the unit by combining the teaching materials. I concluded they are the application of the concept continued from pre-war by using concept of US.
  • 中学校段階における主題単元学習の実践 : 「主題認識の深化」と「方略の有効性の自覚」との「統合」を目指して, 古賀 洋一, 池田 匡史, 論叢国語教育学, (13) 36 - 55,   2017年
  • 詩の創作を通して思考力を高める指導法の研究 : 『詩人の時間』を実感する学習, 浜岡 恵子, 池田 匡史, 山元 隆春, 中学教育 : 研究紀要, 49,   2018年03月31日
  • 「主題単元」概念の成立 : 輿水実の単元学習論を手がかりに(自由研究発表), 池田 匡史, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 128,   2015年05月30日
  • 2000年代以降における「主題単元」論の動向 : 言及数減少の理由の推究, 池田 匡史, 論叢国語教育学, (12) 1 - 11,   2016年
  • 昭和初期郷土教育における国語科教材の開発 : 愛媛県・余土尋常高等小学校「鄕土國語讀本」の編纂, 池田 匡史, 橋本 亜由奈, 論叢国語教育学, (13) 56 - 68,   2017年
  • 1970年代国語科における主題単元学習の成立過程 : 広島大学附属中・高等学校の実践的研究を中心に, 池田 匡史, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域, (64) 83 - 92,   2015年, In this paper, I considered the formation process of the thematic unit in Japanese education in the 1970s. The 1970s is very important period, because many theorists who insisted on the thematic unit refer to the practical research by Hiroshima University High School in 1970s. This practical research was born by the following situations. 1. In Japanese language education, the recovery of the human nature has been demanded. 2. When students learn the literature, teachers had set the pursuit of humanity to the goal from before. 3. Japanese language education textbook that was used by Hiroshima University High School (Be made by SANSEIDO Co.,Ltd.) was composed of the thematic units. These situations was formed the thematic unit of the 1970s. And, the practical research by Hiroshima University High School was to have a big influence.
  • 「主体的な言語生活者の育成」のためにJ-POP歌詞が持つ可能性, 池田 匡史, 論叢国語教育学, (11) 30 - 39,   2015年
  • 川上弘美「水かまきり」の教材性の検討 : 「ディス・コミュニケーション」を視座として, 池田 匡史, 武田 裕司, 論叢国語教育学, (11) 40 - 50,   2015年
  • 読むことの学習における「認識内容」の検討 : 「主題単元」・<問題領域>・<言論の場>を手がかりに(自由研究発表), 池田 匡史, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 127,   2014年11月08日
  • 国語科における主題単元学習の意義と役割 : 史的検討を通して(自由研究発表), 池田 匡史, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 126,   2014年05月17日
  • 国語科教育とデス・エデュケーションとの距離 : 「死」をめぐる主題単元学習を主な手がかりとして, 池田 匡史, 論叢国語教育学, (10) 36 - 48,   2014年
  • 国語科における主題単元学習論の萌芽 : 長谷川孝士を中心に, 池田 匡史, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域, (63) 99 - 108,   2014年, In this paper, I considered about a sign of thematic unit. In this case, I focused on Takashi Hasegawa. His theory is starting point of thematic unit in Japan. He had an awareness of the issues that is unreasonable skill principle in Japanese language education those days. As the correspondence, he advocated of thematic theory. I show three main points of this theory below. (1) "theme" is recognition theme and form of a question. (2) "Theme" must be decided intentionally. (3) Language activities must be set up effectively for approaching "theme". His theory was practiced at the junior high school of Ehime University Faculty of Education around 1971. His theory was inherited by Chikako Makimoto who was teached by Takashi Hasegawa at Hyogo University of Teacher Education. His theory is was very influential in Japanese language education.
  • 国語教科書における主題単元構成の実態 : 主題単元学習との対比を通して, 池田 匡史, 教育学研究紀要, 60, (2) 541 - 546,   2014年
  • 「国語科主題単元学習」とは何か (国語教育(1)), 池田 匡史, 教育学研究紀要, 59, (1) 227 - 232,   2013年

書籍等出版物

  • 国語教育学研究の創成と展開, 「国語教育学研究の創成と展開」編集委員会, 吉田 裕久, 分担執筆, 池田匡史「協働でことばの意味を掘り下げる国語学習―学習法としての「俳句甲子園」の可能性―」pp.425-434, 溪水社,   2015年, ISBN:9784863272958