谷 明信 タニ アキノブ

所属部署名
及び兼担研究科
言語系教育コース電話番号
職 名教授FAX番号
役職名ホームページ
URL
http://www.soc.hyogo-u.ac.jp/tani/index.htm
更新日:2012/4/13

プロフィール

研究分野

  • 英語学
  • 英語史
  • 中英語
  • コーパス言語学

現在の研究課題

教育・研究に対する考え方・抱負
  • 研究に関しては、語彙、特にフレーズの分析を通して、中英語の文体とジャンルの解明を目指す。教育に関しては、学生が大学・大学院を卒業・修了後、勉学・研究を自律して行えるように指導するによう心がけている。

所属学会

所属学会
  • 英語史研究会
  • 言語表現学会
  • 大学英語教育学会
  • 日本英文学会
  • 日本中世英語英文学会
  • 近代英語協会
  • 英語コーパス学会
所属学会役職担当
  • 2010 - , 日本中世英語英文学会 , 研究助成委員
  • 2010 - , 日本中世英語英文学会 , 評議員
  • 2010 - 2011 , Middle and Modern English Corpus Linguistics , 主催者
  • 2010 - 2011 , 言語表現学会 , 編集委員長
  • 2008 - 2010 , 日本中世英語英文学会 , 事務局書記
  • 2006 - 2007 , 日本中世英語英文学会 , 大会準備委員長
  • 2006 - 2010 , 人文学会 , 運営委員
  • 2006 - , 英語史研究会 , 運営委員
  • 2005 - 2009 , 近代英語協会 , 編集委員
  • 2004 - 2006 , 日本中世英語英文学会 , 大会準備委員
  • 1999 - 2002 , JACET関西支部 , 研究企画委員

学歴

出身大学院・研究科等
  • 2011 , グラスゴー大学 , 博士
  • 1989 , 神戸市外国語大学 , 修士 , 大学院外国語学研究科 , 英語学 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
  • 1986 , 神戸市外国語大学 , 英米学科 , 卒業
取得学位
  • Ph.D , グラスゴー大学
  • 文学修士 , 神戸市外国語大学
  • 文学士 , 神戸市外国語大学
免許・資格等
  • 198903 , 中学校・高等学校外国語(英語)教員免許状 専修免許状
  • 198703 , 中学校・高等学校外国語(英語)教員免許状 一種免許状
  • 198606 , 実用英語検定1級

受賞学術賞

  • 2010 , 日本中世英語英文学会奨励賞
  • 2000 , 日本英文学会トラベルグラント

研究職歴等

研究職歴
  • 2007 - , 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 准教授
  • 2005 - 2007 , 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 助教授
  • 2004 - 2005 , 兵庫教育大学 学校教育学部 助教授
  • 1999 - 2004 , 兵庫教育大学 学校教育学部 専任講師
  • 1991 - 1999 , 武庫川女子大学文学部英米文学科 専任講師

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
著書タイトル著者名発行年月日掲載誌・発行機関外部リンク
From Beowulf to Caxton: Studies in Medieval Language and Literature, Texts and Manuscripts2011(Apr.)Peter Lang (Oxford)
Aspects of the History of English Language and Literature2010Peter Lang (Fransfurt am Main)
Noam Chomsky and Language Descriptions2010John Benjamins (Amsterdam)
『英語フィロロジーとコーパス研究』2009(Jun.)松柏社
『英語史研究ノート』2008(Dec.)開文社
著書

閉じる

著書タイトル著者名発行年月日掲載誌・発行機関外部リンク
From Beowulf to Caxton: Studies in Medieval Language and Literature, Texts and Manuscripts2011(Apr.)Peter Lang (Oxford)
Aspects of the History of English Language and Literature2010Peter Lang (Fransfurt am Main)
Noam Chomsky and Language Descriptions2010John Benjamins (Amsterdam)
『英語フィロロジーとコーパス研究』2009(Jun.)松柏社
『英語史研究ノート』2008(Dec.)開文社
『ことばの響き―英語フィロロジーと言語学―』2008(Sep.)
Historical Englishes in Varieties of Texts and Contexts2008Peter Lang (Fransfurt am Main)
Corpora and the History of English. Paper Dedicated to Manfred Markus on the Occasion of His Sixty-Fifth Birthday2006Universitätverlag Winter (Heidelberg)
Studies in Modern English: the Twentieth Anniversary Publication of the Modern English Association2003(Dec.)Peter Lang (Fransfurt am Main)
『英文書き換え530』大槻博、杉森直樹、谷明信1994(Mar.)旺史社
論文
論文タイトル著者名発行年月日掲載誌・発行機関外部リンク
“Word Pairs in Late Middle English Prose”(博士論文)Akinobu TANI2010(Sep.)University of Glasgow , :pp.282
「いわゆる受験英語「構文」・「公式」の系譜-『難問分類英文詳解』と『新々英文解釈研究』(9訂版)の「構文」比較-」谷明信、西村公正2006(Mar.)兵庫教育大学・実技センター , 実技教育センター紀要 , 20:19-26
“Usefulness of Spoken EFL Learner-based Definitions”Kaoru Tomita, Kazuo Nakayama, Steve Ryan, Kaoru Honda, Yasuko Sato, Akinobu Tani, Mark Anthony2006(Jan.)Hawaii International Conference on Education , Conference Proceedings 4th Annual Hawaii International Conference on Education , :4768-4777
“Thesaurus of Old English for Early Middle English: An Analysis in Light of Word Pairs in the‘Katherine Group’Lives.”Akinobu TANI2006(Jan.)Hawaii International Conference on Arts and Humanities , 2006 Conference Proceedings 4th Annual Hawaii International Conference on Arts & Humanities. , :6031-6032
“HEL (History of the English Language) In Teacher Education In A Japanese Context”Akinobu TANI2005(Dec.)International Conference on Education 2005 , Proceedings of the International Conference on Education 2005 , :682-686
論文

閉じる

論文タイトル著者名発行年月日掲載誌・発行機関外部リンク
“Word Pairs in Late Middle English Prose”(博士論文)Akinobu TANI2010(Sep.)University of Glasgow , :pp.282
「いわゆる受験英語「構文」・「公式」の系譜-『難問分類英文詳解』と『新々英文解釈研究』(9訂版)の「構文」比較-」谷明信、西村公正2006(Mar.)兵庫教育大学・実技センター , 実技教育センター紀要 , 20:19-26
“Usefulness of Spoken EFL Learner-based Definitions”Kaoru Tomita, Kazuo Nakayama, Steve Ryan, Kaoru Honda, Yasuko Sato, Akinobu Tani, Mark Anthony2006(Jan.)Hawaii International Conference on Education , Conference Proceedings 4th Annual Hawaii International Conference on Education , :4768-4777
“Thesaurus of Old English for Early Middle English: An Analysis in Light of Word Pairs in the‘Katherine Group’Lives.”Akinobu TANI2006(Jan.)Hawaii International Conference on Arts and Humanities , 2006 Conference Proceedings 4th Annual Hawaii International Conference on Arts & Humanities. , :6031-6032
“HEL (History of the English Language) In Teacher Education In A Japanese Context”Akinobu TANI2005(Dec.)International Conference on Education 2005 , Proceedings of the International Conference on Education 2005 , :682-686
「わが国での英語史教育の問題と課題: 海外と比較して」谷明信2005(Sep.)兵庫教育大学 , 兵庫教育大学紀要第二分冊 , 27:87-94
“Word Association Quizzes for Improving EFL Learners’Speaking and Listening Skills”Kaoru Tomita, Kazuo Nakayama, Stevan Ryan, Kaoru Honda, Kyoto Sato, Akionbu Tani, Mark Anthony2005(Jan.)Hawaii International Conference on Education , 2005 Conference Proceedings 3rd Annual Hawaii International Conference on Education , :4768-4777
“Word associations by Japanese learners of EngIish: analyses of response type distribution”Kaoru Tomita, Kazuo Nakayama, Akinobu Tani, Mark Anthony2004(Feb.)山形大学 , 山形大学紀要 人文科学 , 15(3):207-223
“Frequency Information in the EFL Dictionary”Sugimori Naoki, Akinobu Tani2003(Aug.)ASIALEX , Dictionaries and Language Learning: How can Dictionaries Help Human & Machine Learning: papers submitted to the Third ASIALEX Biennial International Conference , :269-274
「マザーグースの英語とアメリカ英語の語法の共通性-英語史とマザーグース再見-」谷明信2003(May)英語史研究会 , 英語史研究会会報 , (9):8-11
「初期中英語 the ‘Wooing Group’のWord Pairsの用法とその特徴」谷明信2003(Mar.)兵庫教育大学 , 兵庫教育大学紀要第二分冊 , 23:19-24
「日本におけるマザーグース研究概観 -英語学・英語教育を中心に-」谷明信2003(Mar.)兵庫教育大学・学校教育研究センター , 学校教育学研究 , 15:119-124
「コーパスによるgive の用法研究:アメリカ英語の話し言葉での実態」渋川亨、谷明信、立松大祐、堀池保昭2003(Mar.)言語表現学会 , 言語表現研究 , (19):56-65
「英語リスニング教材のデジタル化及び加工法とその利用 -英語教員と英語学習者のために-」谷明信、西村公正2003(Mar.)兵庫教育大学・実技センター , 実技教育センター紀要 , (17):11-17
「英語教材編集・提示へのPCの活用 -音声教材と速読教材-」谷明信、西村公正、兼重昇2003(Mar.)兵庫教育大学教科教育学会 , 教科教育学会紀要 , (16):5-13
「A Thesaurus of Old English は初期中英語に有用か?―The‘Katherine Group’に現れたWord Pairsの観点から―」谷明信2002(Mar.)兵庫教育大学 , 兵庫教育大学紀要第二分冊 , 22:23-30
「英語史とマザーグース」谷明信2002(Mar.)言語表現学会 , 言語表現研究 , (18):1-11
「教材としてのマザーグースの英語: いくつかの古語法について」谷明信2002(Mar.)兵庫教育大学・学校教育研究センター , 学校教育学研究 , 14:95-100
「コーパスによる英語の句動詞研究―応用言語学的観点から―」谷明信、堀池保昭、杉森直樹、冨田かおる2002(Mar.)兵庫教育大学・実技センター , 実技教育センター紀要 , 16:31-37
“A Preliminary Research on Word Explanation based on Association Task”Kaoru Tomita, Kazuo Nakayama, Akinobu Tani, Mark Anthony2001(Aug.)外国語教育メディア学会 , 外国語教育メディア学会第41回全国研究大会発表論文集 , :223-226
「『JACET 基本語4000』への口語語彙の追加に関する検討」谷明信, 杉森直樹2001(May)大学英語教育学会関西支部 , 大学英語教育学会関西支部紀要 , (6):22-30
“A Lexical Analysis of Oral Communication A / B Textbooks for Japanese EFL Learners”Sugimori Naoki, Akinobu Tani, Koyama Toshiko2000(Aug.)Foreign Language Education and Technology , Proceedings of the FLEAT IV Conference. , :without pagination on CD-ROM
「『JACET基本語4000』と文部省『中学校学習指導要領』の英単語507語との比較」杉森直樹, 谷明信 1999(Mar.)武庫川女子大学英文学会 , Mukogawa Literary Review , (35):29-35
「後期中英語・初期近代英語における非人称動詞likeとlist の人称構文と非人称構文の選択要因の一つについて ― 人称ヒエラルキーの可能性」谷明信1997(Jul.)日本中世英語英文学会 , Studies in Medieval English Language and Literature , (12):45-59
“The Word Order of the Quasi-impersonal Constructions in Chaucer's Canterbury Tale”Akinobu TANI1995(Mar.)人文学会 , 人文学会論叢 , (16):1-16
“On the Quasi-Impersonal Construction in Chaucer's Canterbury Tales”Akinobu TANI1995(Mar.)人文学会 , 人文学会論叢 , (17):1-13
“Variant Readings and the Study of Impersonal Constructions in Chaucer's Troilus and Criseyde”Akinobu TANI1995(Mar.)武庫川女子大学 , 武庫川女子大学紀要 人文・社会科学編 , 43:25-31
“On the ‘Quasi-Impersonal’ Constructions in Sir Gawain and the Green Knight”Akinobu TANI1995(Mar.)武庫川女子大学英文学会 , Mukogawa Literary Review , (32):213-222
“A Quantitative Study of Word Order of ‘Quasi-impersonal’Constructions in Chaucer's Troilus and Criseyde”Akinobu TANI1994(Mar.)武庫川女子大学 , 武庫川女子大学紀要 人文・社会科学編 , 42:31-37
“The Periphrastic Expressions for Substantival Adjectives in Chaucer's Troilus and Criseyde”Akinobu TANI1991(Jul.)人文学会 , 人文学会論叢 , (11):1-9
“The Use of Substantival Adjectives in Chaucer's Troilus and Criseyde”Akinobu TANI1991(Feb.)人文学会 , 人文学会論叢 , (10):1-14
“A Study of Chaucer's Impersonal Constructions”(修士論文)Akinobu TANI1988(Dec.)神戸市外国語大学研究科修士課程 , :pp.45
学会発表
  • グロッサリーでのphraseologyの扱いについて
    日本英文学会 , 日本英文学会第82回全国大会(シンポジウム「中英語作品グロッサリーの作成に向けて」 ) 2010(May)
    Author:谷明信
  • HEL (History of English Language) for EFL Teachers?
    , A New Perspective on Grammar of the English Language for Communicative Language Teaching (Osaka International Convention Center, Osaka) 2010(Feb.)
    Author:Akinobu TANI
  • Applying English Dialectology to HEL Pedagogy
    Hawaii International Conference on Education , 8th Annual Hawaii International Conference on Education (at Renaissance Ilikai Waikiki Hotel, USA) 2010(Jan.)
    Author:Akinobu TANI
  • The Binomials in the Computerized English Dialect Dictionary.
    Middle and Modern English Corpus Linguistics , Middle and Modern English Corpus Linguistics (at University of Innsbruck, Austria) 2009(Jun.)
    Author:Akinobu TANI
  • Word Pairs or Doublets in Caxton: Paris and Vienne Compared with the History of Reynard the Fox
    Poetics and Linguistics Association , PALA 2007 (Poetics and Linguistics Association) (at Kansai Gaidai University) 2007(Aug.)
    Author:Akinobu TANI
  • Word Pairs or Doublets in the Paston Letters
    Studies in the History of the English Language and Linguistics , SHELL 2007 (Studies in the History of English Language and Linguistics) (at Nagoya University) 2007(Aug.)
    Author:Akinobu TANI
  • Word Pairs or Doublets in Caxton’s History of Reynard the Fox.
    International Conference on English Historical Linguistics , 14th International Conference on English Historical Linguistics (at University of Bergamo, Italy) 2006(Aug.)
    Author:Akinobu TANI
  • Usefulness of Spoken EFL Learner-Based Definitions
    Hawaii International Conference on Education , 4th Annual Hawaii International Conference on Education 2006(Jan.)
    Author:Kaoru Tomita, Kazuo Nakayama, Steve Ryan, Kaoru Honda, Yasuko Sato, Akinobu Tani, Mark Anthony
  • Thesaurus of Old English for Early Middle English: An Analysis in Light of Word Pairs in the “Katherine Group” Lives
    Hawaii International Conference on Arts and Humanities , 4th Annual Hawaii International Conference on Arts and Humanities (at Renaissance Ilikai Waikiki Hotel,USA) 2006(Jan.)
    Author:Akinobu TANI
  • The History of Reynard the Foxにおけるワードペア使用
    日本中世英語英文学会 , 日本中世英語英文学会第21回全国大会(於 筑波大学) 2005(Dec.)
    Author:谷明信
  • HEL (History Of The English Language) In Teacher Education In A Japanese Context
    International Conference for Education 2005 , International Conference for Education 2005 2005(Dec.)
    Author:Akinobu TANI
  • Comparison of Word Pairs between Chaucer's Verse and Prose: A Preliminary Survey.
    Studies in the History of the English Language and Linguistics , SHELL 2005 (The Society of Historical English Language and Linguistics International Conference) (at Chiba University,Japan) 2005(Sep.)
    Author:Akinobu TANI
  • わが国での英語史教育の問題と課題:海外と比較して
    英語史研究会 , 英語史研究会第14回大会(九州大学六本松キャンパス) 2005(Sep.)
    Author:谷明信
  • Word Association Quizzes for Improving EFL Learners’ Speaking and Listening Skills.
    Hawaii International Conference on Education , 3rd Annual Hawaii International Conference on Education (at Sheraton Waikiki Hotel, Hawaii) 2005(Jan.)
    Author:Kaoru Tomita, Kazuo Nakayama, Akinobu Tani, Mark Anthony
  • Teaching HEL in a Japanese Context: Proposal for an Approach to Teaching HEL via Nursery Rhymes
    Studies in the History of the English Language , SHEL 4 (Studies in the History of the English Language)(at Northern Arizona University, USA) 2005(Jan.)
    Author:Akinobu TANI
  • チョーサー散文作品におけるワードペア使用の違いについて
    日本中世英語英文学会 , 日本中世英語英文学会第19回全国大会(於 東京外国語大学) 2003(Dec.)
    Author:谷明信
  • Frequency Information in the EFL Dictionary
    ASIALEX , Asialex 2003 in Tokyo. (at Meikai University, Chiba, Japan.) 2003(Aug.)
    Author:Naoki Sugimori, Akinobu Tani
  • 英語史とマザーグース
    英語史研究会 , 英語史研究会第8回大会(於 九州大学六本松キャンパス) 2002(Sep.)
    Author:谷明信
  • A Preliminary Research on Word Explanation based on Association Task.
    外国語教育メディア学会 , 外国語教育メディア学会LET第41回全国研究大会 (於:愛知大学) 2001(Aug.)
    Author:Kaoru Tomita, Kazuo Nakayama, Akinobu Tani, Mark Anthony
  • TOEは初期中英語にどのくらい有用か
    日本中世英語英文学会 , 日本中世英語英文学会第16回全国大会(於 関西大学) 2000(Dec.)
    Author:谷明信
  • 『JACET基本語4000』への口語語彙追加への検討
    大学英語教育学会 , 第39回大学英語教育学会(JACET)全国大会(於 沖縄国際大学) 2000(Nov.)
    Author:杉森直樹、谷明信
  • A Lexical Analysis of Oral Communication A / B Textbooks for Japanese EFL Learners
    Foreign Language Education and Technology , The Fourth Conference on Foreign Language Education and Technology (Kobe Sheraton Hotel, Japan) 2000(Aug.)
    Author:Naoki Sugimori, Akinobu Tani, Toshiko Nakayama
  • 後期中英語における、人称・非人称構文の選択要因について
    言語表現学会 , 言語表現学会平成12年度第1回研究発表会 2000(Jul.)
    Author:谷明信
  • Person Hierarchy in the Choice between the Personal and Impersonal Uses of Impersonal Verbs in Late Middle English and Early Modern English: A Case Study of Like and List
    Studies in the History of the English Language , SHEL1 (Studies in the History of the English Language 1) (at UCLA) 2000(May)
    Author:谷明信
  • 歴史的に見た英語の誓言: Towneley Playsを中心に
    JACET関西支部口語英語研究会 , JACET関西支部口語英語研究会 (於京大会館) 2000(Feb.)
    Author:谷明信
  • Development of Courseware for Teaching Spoken Vocabulary to Japanese EFL students
    AILA , 12th World Congress of Applied Linuistics (AILA '99 Tokyo)(於早稲田大学) 1999(Aug.)
    Author:Naoki Sugimori, Akionbu Tani
  • サイクルプレーにおける頭韻句について
    日本中世英語英文学会 , 日本中世英語英文学会第14回全国大会(於 山口県立大学) 1998(Dec.)
    Author:谷明信
  • 日本人英語学習者用基本語彙選定の試み:口語英語コーパスを利用して
    JACET英語辞書研究会 , JACET英語辞書研究会主催「ワークショップ:英語の辞書」(於 早稲田大学) 1998(Nov.)
    Author:谷明信
  • 口語英語コーパスを用いての『JACET基本語4000』の検討
    大学英語教育学会関西支部 , 1998年度大学英語教育学会(JACET)関西支部秋季大会(於大阪女学院短期大学) 1998(Jan.)
    Author:谷明信
  • 後期中英語のlist, like, please”の人称用法と非人称用法の選択要因について
    日本中世英語英文学会 , 日本中世英語英文学会第12回全国大会(於同志社大学田辺校舎 1996(Dec.)
    Author:谷明信
  • 非人称構文に見られるヴァリアントについて-Troilus and Crideysdeを中心に
    人文学会 , 人文学会第25回 (於園田女子大学) 1995(Jun.)
    Author:谷明信
  • チョ-サ-に於ける非人称構文について
    人文学会 , 人文学会第19回 (於園田女子大学) 1992(Sep.)
    Author:谷明信
その他
  • 「William Caxton の言語と文体」
    , 平成17-19年度科学研究費補助金(基盤研究(C) 研究成果報告書 2008(Mar.)
    Author:西村公正、尾崎久男、谷明信、家入葉子
  • 『英語聴解に適した語彙定義文音声データベースの構築』
    , 平成15年-17年度科学研究費補助金(基盤研究(B)) 研究成果報告書 , :抽出不可能 2006(Mar.)
    Author:ライアン・スティバン、冨田かおる、中山和男、本多薫、佐藤恭子、谷明信)
  • 『コンピュータコーパスを利用した英語発達史研究』
    , 平成9年度科学研究費補助金(重点領域研究 (1))研究成果報告書 , :46-47 1998(Mar.)
    Author:西村秀夫、渡辺秀樹、家入葉子、大津智彦、園田勝英、保坂道雄、永尾智、尾崎久男、谷明信、神谷昌明
  • 「英語語彙発達の統計的研究」
    , :187-198 1995(Mar.)
    Author:谷明信
  • 「語彙:英語の語彙」
    武庫川女子大学英文学会 , Mukogawa Literary Review , (30):197-240 1994(Mar.)
    Author:谷明信

共同研究等希望テーマ

  • 英語の文体の発達 , 英語学
  • 英語の主観化 , 英語学
  • マザーグースの語学的研究 , 英語学
  • 英語のBinomialの歴史的研究 , 英語学

研究費

科学研究費助成金(研究代表者)
  • 2010 - 2012 , コーパス利用による英語の通時的地域的変異の融合的研究 , 基盤研究(B)
科学研究費助成金(研究分担者)
  • 2006 - 2009 , 中英語後期から近代英語にかけての語学的性質の変容に関する研究 , 基盤研究(B)
  • 2005 - 2007 , William Caxtonの言語と文体の研究 , 基盤研究(C)
  • 2003 - 2005 , 英語聴解に適した語彙定義文音声データベースの構築 , 基盤研究(B)
その他公的資金
  • 2006 - 2006 , 後期中英語におけるワードペアについての研究
その他
  • 2000 - 2000 , Person Hierarchy in the Choice between the Personal and Impersonal Uses of Impersonal Verbs in Late Middle English and Early Modern English: A Case Study of Like and List

研究諸活動

研究者招聘
  • 2011 - 2011 , 国際学会Midlle and Modern English Corpus Linguistics 2011のため 英国人研究者1名、ドイツ人(オーストラリアの大学)研究者1名、フィンランド人研究者1名、アメリカ人研究者1名)
  • 2011 - 2011 , 海外短期招へい(兵庫教育大学)、共同研究のためポーランド人研究者を招へい
海外派遣
  • 2006 - 2007 , 平成18年度 大学教育の国際化推進プログラム(海外推進研究実践支援)

教育活動実績

授業等

  • 2011 , 前期 , 英語コミュニケーションⅠ
  • 2011 , 前期 , 英語学特論Ⅱ
  • 2011 , 前期 , 通時的英語学講義
  • 2011 , 後期 , 英語学基礎論
  • 2011 , 後期 , 通時的英語学演習
  • 2011 , 後期 , 英語文章表現
  • 2010 , 前期 , 英語学特論
  • 2010 , 前期 , 英語コミュニケーションⅠ
  • 2010 , 後期 , 英語学基礎論
  • 2010 , 後期 , 英語学特論演習
  • 2010 , 後期 , 英語文章表現
  • 2010 , 後期 , 英語学特論

社会活動実績

社会活動等

公開講座
  • 20081018 - 20081018 , 大学連携「ひょうご講座」(英語を学ぶ面白さ-英語学習のレパートリーを広げよう-) , 英語の語彙:その歴史と現在
  • 20060916 - 20060916 , 大学連携「ひょうご講座」(英語を学ぶ面白さ-英語学習のレパートリーを広げよう-) , 英語の語い
  • 200510 - 200510 , 大学連携「ひょうご講座」(英語を学ぶ面白さ-英語学習のレパートリーを広げよう-) , 英語の語い
出前講座(スクール・パートナーシップ事業)
  • 20071206 - 20071206 , 英語史入門
学会・研究会の主催
  • 20110830 - 20110830 , 講演会 Visualizing English Print from c. 1470 to 1800 (by Dr. Jonathan Hope) , 講演会 Visualizing English Print from c. 1470 to 1801 (by Dr. Jonathan Hope) , 主催者(Organizer)
  • 20110826 - 20110829 , 学会 Middle and Modern English Corpus Linguistics Conference 2011 , Middle and Modern English Corpus Linguistics Conference 2012 , 主催者(Chief Organizer)
その他社会活動
  • 20110803 - 20110803 , 教員免許状更新講習 , 英語の語法・文法を授業に役立てる , 講師
  • 20101002 - 20101002 , 教員免許状更新講習 , 英語の語法・文法を授業に役立てる , 講師
  • 200908 - 200908 , 教員免許状更新講習 , 英語の語法・文法を授業に役立てる , 講師
  • 200508 - 200508 , 兵庫県高等学校教員研修 , 講師
  • 200408 - 200408 , 兵庫県高等学校教員研修 , 講師
  • 200308 - 200308 , 教育職員免許法認定講習講師 , 講師